血糖値を下げる食べ物、野菜、お茶

top画像

血糖値を下げる食べ物、野菜、お茶のサイト内容について

このサイトでは、血糖値(HbA1c)を下げる食べ物や野菜、お茶等を紹介いています。
血糖値のコントロールに少しでも役に立てば幸いです。

血糖値とは

血糖とは、血液中のブドウ糖のことです。生きていくエネルギー源です。血糖値とは、血液中にどれぐらいブドウ糖が溶けているか、その濃度を示す数値です。

高血糖の状態が続くと、インスリンの機能が低下して、血糖値をコントロールできなくなり、体のいろいろな箇所に支障をきたす原因となります。そして、糖尿病となる可能性もでてきます。

とくに、健康診断で空腹時血糖値110ml/dL以上の人、特定健診で空腹時血糖値100ml/dL以上、またはHbA1cが5.6%以上の人は注意が必要です。

HbA1c(ヘモグロビンA1c)とは

高血糖状態が長い間続くと、血管内の余分なブドウ糖は体内の蛋白と結合します。
この際、赤血球の蛋白であるヘモグロビン(Hb)とブドウ糖が結合したものがグリコヘモグロビンです。
このグリコヘモグロビンには何種類かあり、糖尿病と密接な関係があるのが、HbA1c(ヘモグロビン・エイワンシー)です。

空腹時血糖値 126mg以上(/dl)または食後血糖値 200mg以上(/dl)となると糖尿病と診断されますが、血糖値は、食事や運動の影響を受けやすく、検査前の一時的な節制をすることで数値が変わってしまい、より適正な診断ができない可能性がありました。

そこで注目されたのが、ヘモグロビンA1c(HbA1c)。

HbA1cは、赤血球に含まれるヘモグロビンにブドウ糖が結びついたもので、赤血球の寿命が長いため、過去1〜2カ月の血糖状態がわかります。

HbA1cの基準値が2012年4月から変わり、今までのJDS値から国際基準のNGSP値に変わることによって、今までの計測値から0.4%多くなります。

例えば、JDS値で6.1%だった数値が、NGSP値になると6.5%になります。

高血糖にならないために

日本人はインスリンを作り出す能力が低いため、体型にかかわりなく高血糖になりやすいようです。
高血糖にならないためには、食生活の見直し・運動不足解消といった日常生活の改善が必要です。

規則正しい食生活にするポイントをご紹介します。

・バランスよく体内にエネルギーを摂取するために、1日3食とりましょう。 朝御飯を食べる習慣をつけ、晩御飯は、早めに食べるように意識しましょう。

・食物繊維を多く含む、野菜を接触的に摂取しましょう。

・油や脂肪分のとりすぎに注意し、肉より魚の量を増やしましょう。

・ゆっくりよく噛んで食べるくせをつけましょう。

菊芋粉末きくいもきくぞう
菊芋粉末