卒園生の声

私は、昭和46年にめぐみ幼稚園を卒園しました。2017年10月3日
めぐみ幼稚園の思い出2017年7月25日

めぐみ幼稚園の思い出

私はめぐみ幼稚園の第二回の卒園生です。
1950年創立のめぐみ幼稚園の最初からの入園です。 当時は己斐に住んでいましたから最初は父の自転車で、途中からは広電で通ってきました。
 当時は高須から古江に行く途中の電車からめぐみの教会の十字架がついている塔がはっきり 見えましたし、幼稚園舎の石段の上に立って背伸びをすれば太田川の堤防が見えました。周囲 は田んぼや畑だけでした。
 己斐にはまだ幼稚園が無く、定期券を持って幼稚園に通うことはうれしいような恥ずかしい ような、何とも言えない気持ちだってことを覚えています。しかし、己斐から一緒に通う園児 が少しずつ増え、とてもうれしかった。
 幼稚園で初めて覚えたのは、イエスキリストという人がいらっしゃったことでした。ひげを生 やした人が木にぶら下がっていたことにびっくりしました。それまで父のふるさとのお寺で育っ た私にとって、手を合わせるのはみなふくよかで優しい顔をした仏さまでした。 私は戦後の団塊の世代の先頭です、従って同級生は多い。たくさんの仲間の中で育ちました。 めぐみではホールでたくさんの劇をしました。クリスマスの生誕祭はもちろん、花咲か爺さん、 こぶとり爺さん、合唱、など楽しい思い出がたくさんです。その思い出は今もはっきりと頭に 浮かびます。
 なんとその当時のホールがほとんどそのまま残っているのです。65年前の舞台が そのまま残っているのです。少しづつ補修はされてきましたが、本体はびくともしない。相当 良い建築なのでしょう。めぐみ幼稚園の宝であり、卒園生の宝でもあります。
 しかし、建物も宝ですが、やはり「めぐみ」の中で知らず知らずのうちに体にしみ込んだ 「人にやさしく」が私の宝です。年を取って短気になり腹を立てた時に思い出すのは「人にや さしく」です。なかなかそうなれない自分にいらいらしながら思い出しています。3才から6才 までの間に聞いた言葉が今でも私の中にあるとは良いですね。幼い時印象深い言葉は大切です。 この言葉を聞かせてもらった「めぐみ幼稚園」に感謝しています。
ページ上部へ