黒百合の思い出

この頁は、俺の山に関する思い出を綴ったものです。

黒百合の思い出
 ある時、市お姉さんと二人で四峰正面北条新村ルートを登る為に、涸沢から急なガレ場を登り、前穂北尾根の五六のコルに登った。
 コルから奥又白の谷に移動する。
 細い道はお花畑で、標高差1000m下には梓川がキラキラとひかり、ユートピア的な所であった。
 SGさんと前穂東面の壁を登ったとき、アプローチに歩いているため、此処に黒百合が一株咲いているのを知っていた。
 お姉さんに教えてあげながら写真に収めた。
 その時俺は、織井茂子の「黒百合は恋の花」を思い出した。
   黒百合の歌   作詞 菊田一夫・作曲 古関裕而
   1  黒百合は 恋の花
      愛する人に 捧げれば 
       二人はいつかは 結びつく
        あああ・・・・あああ
         この花ニシパに あげようか 
          あたしはニシパが 大好きさ
   2 黒百合は 魔物だよ 
      花のかおりが しみついて 
       結んだ二人は はなれない 
        あああ・・・・あああ 
         あたしが死んだら ニシパもね 
          あたしはニシパが 大好きさ
   黒百合は 毒の花
    アイヌの神の タブーだよ 
     やがてはあたしも 死ぬんだよ
      あああ・・・・あああ・・・・

  岳人の歌 作詞/作曲・不詳
     白樺にもたれるは  いとし乙女か
      あの黒百合の花を  胸にいただいて
       アルプスの黒百合  心ときめくよ
        なつかしの岳人  やさしかのきみ

 二人は、奥又白谷の急なガレ場を登って、4峯直下まで歩いて雪渓の上に出た。
 4峰正面壁は、有名な岩壁である。
 前穂の東面の壁や、北尾根の壁は、徳沢から横尾かけて眺められ、明るい壁であり人気があった。
 
また冬季登攀では、いろいろな話題が語られたルートである。
 仰ぎ見る岩壁の、目指す4峰正面北条新村ルートには既に数パーティが取り付いている。しかもガレ場を登りきって、雪渓の部分に来ても、正面ルートの先行者はもたつき進んでいる様子が無い。 
 涸沢からここまで前進してきて、引き返すには面白くない。
 1日で登り、涸沢まで帰るように計画した為、水や食料も沢山持っていない。
 俺はお姉さんにお願いして、別のルートを登ろうと提案した。
 しかし、ルート図は北条新村ルートしかもっていない。
 でも、インゼル側の壁は、見るからに傾斜も緩やかであり、何処でも登れるように感じていたため、お姉さんに懇願して壁に取り付いた。
 インゼルのB沢側から取り付き、松高下部から明大とつなぐルートを登ってしまった。
 ルート図を持たないで、適当に取り付き、適当に登り、4峰頂上直下の大きな棚のような所を歩き、階段状の岩尾根を、翔るように五・六のコルに下る。
 本日の、テントキーパーK田氏が待つ涸沢のテントに帰った。
 18時ごろ俺は隠れて、涸沢ヒュッテに行き缶ビールを購入した。
 そして見たものは、ふらつきながら歩いている3人の男たちであった。
 屏風隊のS崎、T森、小藤の三名が帰ってきた。
 T4でビバークし、屏風は朝から太陽に照らされ、壁が焼けて、先行者のもたつきで時間がかかり、水を使いきり、温度と喉の渇きに苦しめられ、苦労したとのことである。
 俺はそっと飲みかけのビールを差し出すと、直ぐに無くなってしまい、大急ぎで買出しに走った。
 売店まで3mも。
 市お姉さまは、その後、元谷の仲間(OG先輩)と結婚した。
 前穂東面を登ったその時、お姉さんは
 「OGさんも来れば良かったのにーー」
 と寂しそうだった。
 お姉さんは、本当の「瀬戸の花嫁」になった。
 「元谷小屋の『瀬戸の花嫁』(山岳小説)」は、私の思い出をアレンジしたもので、市お姉さんとは別のお話です。