このページは「南八ヶ岳の縦走」「キレット小屋にて」です。

南八ヶ岳の縦走(1973.1.4〜1.10)

 出雲を正月の4日0820に出発し舞鶴経由の急行「大社」で名古屋に向かう。
 松江駅で大山から下山してきた、島大の早川氏に偶然に出会う。
 名古屋1832に到着する。名古屋発2155の列車で塩尻に到着し、駅の外のベンチにて時間調整のため寝る。
 一月五日
 朝0532塩尻から茅野駅に向かう。
 数少ないバスを乗り過ごしたため駅前からタクシーで1030美濃戸口まで入る。
 11時いよいよ登山者の踏み後を滑りながら登って行く。赤岳山荘にて凍った野沢菜漬を美味しく感じつつ柳沢の二股を北沢にはいる。重い冬山の装具に度々休息を取る。
 いつも歩き始めは体調が悪く休憩が多くなってしまう。下山して来る登山者の視線を冷たく感じながら単独行の私は進んで行く。
 柳沢の橋を何度も渡り返し苦しみながら進む。
 雪に埋もれた赤岳鉱泉の小屋に1330辿り着く頃には冬の日は大同心と小同心の岩峰を照らしている。
 14時鉱泉の小屋を出発すぐに水の流れて入るジョウゴ沢の丸木橋をおっかなびっくりで渡る。
 アイゼンを装着すると硫黄岳へのジグザクの急坂になる。数回の休憩を取りつつ今夜のテント・サイトを探しつつ登る。擦れ違う登山者はいない。
 森林限界を越えない地点に平地のような場所を探し小さなテントを1630張る。夏期ではテントを張れないような傾斜地・ブッシュの中でも冬期はどこでもキャンプサイトになる。
 一月六日
 早朝、明け方の寒さに早くから目が覚め、テントの内張にはキラキラと輝き氷の御殿だ。昨夜のテントサイトを6時出発し、0630に赤石の頭(2680m)に飛び出す。
 そこは地獄の一丁目。強風が吹き石ころだらけの地点で雪も吹き飛ばされ何もない、生物の住める環境ではない。今朝の稜線は吹雪で視界は数十mしかない。所々夏道が露出していた。
 硫黄岳の火口壁を左に見ながら南八ヶ岳の縦走に入る。 7時に硫黄岳2760mの頂上に立つ。石室に8時。大ダルミを下り横岳への登りをアイゼンとピッケルで登る。岩稜の登りは嫌らしいトラバースと壁が次々に現れ単独行の私を苦しめる。パートナーを必要とする悪場を越える。 横岳山頂に0930立つ。赤岳鉱泉を真下に見て起伏の少ない主稜線を南下する。日ノ岳などの岩稜を過ぎ、ルンゼを下り1110赤岳石室を過ぎいよいよ赤岳の登りとなるがジグザグにきつかった。
 胸突き八丁の登りをアイゼンを効かせ喘ぎながら登る。堅い雪の斜面はアイゼンがよくきき登りやすい。12時赤岳2899mの山頂立つ。
  2800mの標高は、富士山と北・中央・南の各アルプスとここ南八ヶ岳以外にはない。わが国では貴重な高さである。頂上には登山者が数名佇んで居る。単独の私は簡単な行動食と富士山等の数枚の写真を撮ると、キレットの小屋を目指して1230赤岳を山頂より真下に見える小屋まで大きく下る。
 真教寺尾根と阿弥陀岳への尾根を過ぎ天狗尾根の頭を回ってルンゼ状のガレ場を下って行く。岩場が終り広い尾根になり最低鞍部から尾根の左側に少し下り1430キレット小屋に着く。小屋は直接陽が当たらなくなっていた。
 針葉樹の林の中にある小屋から見る天狗尾根は岩峰のように素晴らしいシルエットとなって青空にそそり立っている。
 1月7日
 
2400mキレット小屋で向かえた朝は、厳冬期にしては非常に暖かくそのためか六時までぐっすり寝てしまった。私の場合いつも冬期登山の場合は、寒さのせいもあるが四時頃には起床し六時には出発するのに、今朝はどうしたことか寝過ごしてしまった。
 朝食の準備のために、小屋の外に出てみると霧のため天狗尾根の岩峰どころか近くの木々も見えない。ところが厳冬期なのに屋根の雪が解け雨垂れのごとく水滴が落ちている。
 あわてて小屋に戻るとラジオのスイッチを入れる。朝六時半の天気予報によると『日本海と太平洋に低気圧があり発達しながら移動している。』。これは「二つ玉の低気圧」と言われ悪天候の兆しである。日本海側は天候が崩れ、関東地方は平野部で雨になるという。
 このまま南八ヶ岳の奥山というべきこの小屋に豪雪に閉じ込められるより次の小屋に逃げる事が出来れば、翌日か翌々日には下山出来て助かると決心し移動する事にした。
 昨日の下ってきた赤岳への急な道を登っているうちに暴風雪に掴まってしまう。それよりか権現小屋は標高差の少ない稜線を進み下るだけで移動できる。権現に向け出発を決心する。
 慌てて朝食を作り胃袋に流し込むと行動を開始する。冬山の重装備に身を包むと、悪天候が稜線に来ないうちに権現小屋に逃げ込む予定である。
 キレット小屋を出発する。行動中大変な暴風雪の悪天候に包まれると予想し、行動食と地図を胸の、手袋の予備をズボンのポケットに突っ込む。
 完全装備に身を包み小屋の外に出てみると先ほどまでガスていた外の風景は小雪となっている。毛糸の目出帽、ナイロン製の二重になっているウインドヤッケ、足にはスパッツをと鉄の爪アイゼン、手にはピッケルで進む。小屋を後にしたのは八時だった。
 行動開始となると緊張する。雪の急斜面を稜線に向かって進む。一歩一歩重荷を背負い深い雪に苦しみながら稜線に出て見ると風が少しある。歩くうちに温度が下がっている感じがする。毛歩きながら周囲の状況を記憶しながら進む。常に後戻りする事を頭のどこかに置きながら歩いて行く。
 稜線は登り下りとなり、トレースは風に吹き消されている。樹林帯に入ると風は止むがここも数分で通過してしまう。樹林帯の中に入った時点でキレット小屋に帰る事を止めた。ザックにはテントが入っている。ここにテントを張ると一命は助かる。雪の稜線のオアシスである。

   

 ツルネまでは風も強くなく早いピッチで進む。旭岳の登りに差し掛かる。急登である。この頃から風は強さをましてくる。
 旭岳に近づくと岩が出ていて、巻いたり登ったりを繰り返し、大きな岩が目の前に現れると頂上かと惑わされる事数回であった。旭岳の頂きには、九時に着いた。
 頂きからは下りが暫く続く。トレースは完全に消えてしまっている。登りに差し掛かるが、視界は10〜20mである。腿まで潜る尾根上の道を進む。
 尾根通しに歩くから稜線の雪は風に吹き飛ばされアイゼンの世界と思い込み前進するが遅々として進まない。
 風が段々と強くなってくる。休息は風上にザックを置き体が入るくらいの穴を掘ると身を横たえ数分休息を取ると、又登り始める。
 稜線上にアイゼンの古い踏み後を見付ける。風はブリザード状になり斜面をかけ昇り私に襲いかかると、何処にか消えていく。
 稜線上の風雪は一段と激しさを増し、これまでの最高になっている。ピッケルに寄り掛かり吹き飛ばされないようにして、突風に備える回数が多くなってくる。一段と強くなってくる稜線の休憩は縦走路の凸凹を利用して風を避ける。
 立ち止まって居ると体温が奪われるのが目に見えるように判るように感じられる。風速は25〜30mのように思う。背負ったザックがヨットのように風を受けて倒される。立ち上がって又倒される。

 ピッケルを握る手は、段々冷たくなってくる。突然大きな岩壁が現れる。今の私の状態では上れそうにない、絶望的である。
 風雪が強まっている現在の状況では、先ほど見付けた樹林帯まで帰るのに何時間で行き着くか。登る方法は無いかと思案していると、壁の際に右手に踏み跡が微かに残っている。

   

 壁沿いに登れる場所を求めてトレースを追って行く。壁は登り易い所がルートである。右に右に行くと、壁に梯子が架かりその上部は風雪の中に消えている。しかしその梯子までの斜面は急で怖いくらいである。
 アイゼンが雪の中の何かに挟まり外せなくなった。雪を掻き分けて見ると鎖が雪の中に埋もれている。アイゼンを外し、やっと梯子に辿り着いた。60度位の梯子を30Kg位のザックで喘ぎながら登っていく。
 恐怖感はない。なぜなら周囲は見えないため高度感は全然感じられないからである。梯子が終わると又稜線上の歩行になる。
 出発前に確認した地図によると梯子を登れば権現岳は直ぐそこにあるはずである。
 権現岳の頂上から南に数十m下ったところが権現小屋である。荷物を置いて小屋を確認に行こうとするが頂上を確認していない現時点では、無謀に思える。
 再度立ち上がって、暴風雪に耐えるように重心を低くしながら進むと、小さなピークを越えて下りになる。少し下ると登りが始まる。風雪の中に道標らしい物を発見する。距離にして5mもない。「しめた、権現岳の頂上だ。」頂上の右下に小屋がある。助かった。
 頂上の道標を確認せずに小屋を求めて右下に下って行くと雪の斜面が盛り上がり屋根の一部が右手に少しだけ出ている。小屋には着いたが中に入れるようになっているのか判らないが走るように小屋の玄関に立った。
 小屋の入り口は一本の棒で閉めてあり、雪を掻き分け入れるようにする。中に飛び込むと、呆然とザックを背にして暫く立っていた。助かった。
 土間にザックを下ろし、ウインドヤッケを脱ぎ捨てアイゼンを取り除くと時計を見た。十時であった。出発して二時間しかかかっていないが今日の行動はここまでである。
 入り口の左側に個室があり小さな囲炉裏がある。コンロを点火すると自然と眠くなってくる。
 小屋の中を偵察すると、蝋燭の使いさしの短いかけらが沢山ある。誰かが置いていったのかデポしたのか米の袋もある。数日閉じ込められても大丈夫と安心する。
 蝋燭の数本でも締め切った部屋でも十分暖かい。
 各時間の天気予報を確認すると、低気圧は一段と発達し移動中である。
 稜線上の状況は
   6時 キレット小屋 ガス発生 雪解け水が落ちていた。 
   7時            天気予報で二つ玉の低気圧を知る。
        ツルネ    風が出始める。
   9時 旭岳      風が強まる。
       稜線上    風速は30m位歩行困難に感じる。 
  14時           風速は40m小屋全体が震える。
  19時           風が突然止まる。

   

 この段階で、低気圧の目の中に入ったと確信する。このまま数分すると又強風が吹き荒れる。
 朝の九時から12時間吹き荒れている。同心円の低気圧なら翌朝の七時には無風状態になると思う。しかし、北日本は冬型の天候になるが八ヶ岳では風も少しは緩くなるだろう。起床を0600とする。
 1月8日
 一段と寒い朝を向かえた。
 0600外に出て見ると、風は吹いているが弱く視界は50m位はある。
 完全装備で0800小屋を出発する。小屋から稜線に戻り左側の稜線をギボシに向かう、稜線の行き止まりから左手下方に斜面を下る。何百mも直線的に下って行くと雪の中にトレースを見るようになり、一安心しつつ樹林帯の中の登山道らしき跡を探しながら進んではトレースを見付け進んで行く。
 カラ松林の中でアイゼンを輪カンジキに替える。カラ松林をでて大変な間違いをしてしまった。100mさきのカラ松林の中に登山道は付けられている思いつつ右手の平坦な所を進もうとしてしまった。
 カラ松林を左に見つつ進んで行く。輪カンジキのため快調に進んで行く。楽しいくらいである。荷物は3泊4日目であり大分軽くなっている。膝までも潜らない。
 どんどん進んで行くと突然腰まで潜ってしまった。
 ようやく脱出し進んで行く、再び腰までと繰り返していくうちに胸まで潜って始めてこの平坦地は歩行できないと思い。左手のカラ松林の近くを歩くことにする。引き返せば良いのにどんどん歩いてしまう。
 青年小屋はそこにあるのに、だが背中にはテントを持っている。低い方に向かってどんどん進んでいるうちに右手に小さな沢が見え始める。凹地状の中を進み暫くして沢状の中に入ってしまった。

   

 沢の中は大きな岩があり歩行に難があったが積雪量は少ない。デブリはあっても小さく怖さはない。幸いな事に水は流れて居ない。
 下り始めて滝に出会った。(Fで示す。ここでは上流からF1とした。)F1は30mで下方に向かって左側より沢の中心に下り立つ。下って行くとF2となる、これは10m位で中心より左から降りる。
 F3は20mであり傾斜は緩く下まで見える。ザックを下ろして見ると大丈夫と尻セードで降りる。
 F4は15mであるが降りるのが困難になってきた。沢から右側の斜面に壁状に岩壁が現れ始め段々と高くなってきている。
 岩壁は沢から80m位の所に10mの壁である。良く見ると壁の一部が登れそうな所がある。
 40度の壁を木を手掛かりに登り、先ほど見付けた岩をよじる。ザックはザイルの先に結び付けロッククライミングの得意な私の必死の登攀である。登り切ってみるとF4の下にF5が見える。そのまた下にF6があるのかもしれない。
 台地状の尾根は広く水平に近い状態であった。台地の上を歩いていると、ここがどこであるのか地図で切掛川の西側台地だろうと思う。
 台地に荷物を降ろすとテントを張る。16時に設営が終わり、食事が終わると寝込んでしまったようだ。
 用足しに20時頃起きだし外に出てみると一面の光の帯が目に入る。住宅の明りが直ぐそこに広がって入る。
 1月9日
 6時起床し8時テントを片付けると出発する。カラ松林の中を下って行くと途中で道を発見し、そのまま下って行くと林道に0935出る。
 林道を進んでいると作業をしている人に最短の道を聞く。林道を下って行くと横断道に12時到着する。別荘地に到着するが人の姿は見えない。乙事の部落で1315タクシーを呼ぶ。富士見駅発1513の列車で松本駅を経由して、10日出雲に無事帰った。

     南八ヶ岳キレット小屋にて(48.1.6)

 2899m峰の頂きにたった一人で立った。
 当初計画していた北アルプス鹿島槍ヶ岳は、いろいろな事情で登山行動には結び付かなかった。植村が鹿島槍ヶ岳に、職場の登山部「山の会」の一員として2年続けて登山しているが、俺は「ひがみ」を感じてしまった。
 仲間達は、冬期は大山で終っている。この冬の俺は、たった一人の山行で始めての山に挑む事になった。元谷の仲間達に私と一緒に北アルプスに挑んで行ってもらいたかった。私が火付け役として何とかならないものか。
 夏の岩登りのほかは、大山の登山で終始してしまっている。他の山々を知らない彼等は今のままでは「井戸の中の蛙」で終ってしまうと思う。
 いつも大山の屏風の岩の下で酒を飲んでいては、アルプスやヒマラヤに行けやしない。大山は確かにいい山ではあるが、広い世界の山々に比べればセラックみたいなものだ。カラコルムのセラックは、人間が越えられないくらい大きい。前進しようとする意欲がないのなら、もう少し大山の北壁の下では静かにしてもらいたい。
 雪上訓練は、何のための訓練か。本気で登ろうとする人がそれをやるのは判るが。酒を飲んで一年中寝ている者が訓練するのは自慰行為と同じではないのか。
 今回の山行で俺が倒れたとしても、前向きに生きている証左だ。訓練を続けている人は、どうか大山から出て少しでも大きな目標に向かって欲しい。一緒にやりたいものだ。
 俺でもたった一人で知らない山をやっている。緊張するし、この緊張感がたまらない。違った山もいいものだ。

後記 : 仲間の内でもいろいろな事情で
      長期の休暇等が確保できない人もいた。
      キレット小屋では気が高揚して、
      書いた文である