鳥 取 県 の 歴 史

    伯耆大山の中腹に大山寺という集落がある。
 大山寺に「南光院」、「中門院」そして「西明門」の三院があった。仁安3年(1168)に高倉天皇即位後初の大嘗会(新嘗祭)の祭りにあたり費用の一部を大山寺にも割り当ててきた。
 南光院だけは受け入れを示したが、二院は拒絶した。そこで国衙の役人は大山寺に兵を差し向けてきたため、戦場となり、国衙に味方する南光院と二院との間に合戦が始まり、大山寺の藷院・堂閣は、全て炎上した。
 美徳山三仏寺の法師が南光院に味方したため、二院の僧兵が報復のため美徳山に押し掛け本堂・講堂等を焼き払ってしまった事件など、院政の初期から平家時代の終わりにかけて、山岳仏教寺院相互の間の衝突や寺院内部の紛争や、僧兵の乱行と並んで伯耆国にもしばしば見られた。
 あの狭い大山寺の集落の中で、境内で、戦いをすれば市街戦の様相となり、骨肉あい乱れ、それは悲惨、無惨、阿鼻叫喚といった状態であったろう。その大山寺の集落から南光ヶ河原を越えて原生林の中を分け入って行くと阿弥陀堂(天文21年(1552)の建立)があり、藤原時代末期の阿弥陀如来像、観音菩薩立像等が安置されている。

  「伯耆国河村郡東郷荘下地中分図」
 中学の頃、歴史か地理の時間に習ったと思うが、「伯耆国河村郡東郷荘下地中分図」の話である。
 蒙古襲来の16年以前に伯耆国東郷荘(東伯郡東郷町)の領主である京都の松尾神社と在地の地頭原田氏とのあいだに荘園支配の和解が成立し絵図として書き記された。これが「伯耆国河村郡東郷荘下地中分図(正嘉2年1258)」である。
 北の日本海に、帆掛け船3艘、中央に池があり手こぎの舟、周囲を山々が囲み、その中を細分されている。荘園の地を東西に分け地頭分、領家分とする。境界線は路であり、溝であり、溝の掘れないところは延長線とする等細かく記されており、現在もその跡が残っている。

 
銀山の歴史
 ここで金銀財宝のお話をするが、絶対に内緒であり秘密が守れない方は、HPから退出してください。
 ヒスイの話はしたが、またまだ裕福鳥取県を紹介する。
 秀吉が鳥取城を攻略(1582)したころ、岩美郡岩美町に銀山があった。秀吉は、この因幡銀山を鳥取城の功労者の一人「宮部継潤」に管理させた。
 昔の記録によると、「伏見に9282枚3両6分もの銀を宮部法印の名で運上として送る。」とあるが、残念なことに銀山の稼業は7〜8年で終わった。山崩れで坑道がつぶれ、銀山の歴史が終わってしまった。栄枯盛衰の寒村であった。