山 の 思 い 出

この頁は、俺の山に関する思い出を綴ったものです。
昔の仲間、ゴメンナサイ。

車の無い時代
 昭和40年代、車は本当に少なかった。
 自家用車など見るのが珍しいくらいだった。
 職場の人の通勤も、バスや列車(SL)に自転車・バイクそして徒歩、裕福な人はカゴか馬車。
 たまに乗用車を見かけるだけだ。
 10分間に何台車が走るか賭けが出来る位だった。
 そんな、優雅な時代に生きていた。
 だから、俺たちは山に入るのも、他の町に行くにも列車やバスだった。
 俺が高校生の頃、単車通学が許されてはいたが、ほとんどが自転車か列車などの通学だった。
 その延長で、高校時代にバイク通勤していたU田が持っていた。
 U田は、バイクでどこでも行った。断魚渓のルート開拓もやってきた。
 よく考えると、実家は断魚渓より遠いから、断魚渓はお茶の子サイサイだったのだろう。
 もう一人、裕福な家庭に育った小藤さんだった。
 俺達は金がないので、その日暮らしのバスの乗客だった。
 小藤さんたちが開いた北浦のゲレンデにU田と出かけた。
 穂高の屏風岩へのトレーニングである。
 出雲から延々100kmをU田の運転する90cc単車の後ろに乗って北浦に着き、トレーニング後、乗って往復200kmを移動した。男同志が抱き合って乗っていた。
 出雲市駅のバス停に集まって、知谷橋までバスで20分程。
 満員になる位乗客が乗っている。
 ヘルメットにザック。薄汚れた山の格好で乗り組むと乗客は少し距離を取る。
 そんな時、山のヘルメットをかぶって、ハリマオのように登場するのは小藤さん。
 颯爽と現れる。
 小藤さんは、単車に乗っているので、時代の先を行くハイカラ者だった。
 北海道旅行した、TMが車のとりこになり、親にねだったのか車を購入した。
 突然大山に車でやってきた。
 大体、山をやっている者に金を持っているやつはいない。
 「親に買わせたので。」きっとそうだ。決め付けておこう。
 それに、乗せてもらうと色々な山にゲレンデに移動した。
 大きな男が何人も乗り込んだので、車は下りに強い。
 出雲大社横から北山山系を越えて、鷺浦のゲレンデ開拓や、烏ヶ山の西壁に出かけた。
 それから遅れて、杉も、自動車を買った。
 軽だが、なんとタイヤが4個もついていた。
 昭和40年から50年代の移動は、バスが最適だった。
 今と違いバス便が多くどんな山奥でも走っていた。
 スキーに行くのもバスであった。
 バスに乗車して山に入るのも楽しみだった。
 米子からバスに乗り、大山寺で下車するとキャラボクで入山の準備をする。
 冬の大山に入る為21時頃大山寺に着いて、元谷小屋に入ったことがあった。
 その時に「キャラボク」が、開いているか、閉まっているかが問題だった。
 「キャラ」のおばちゃんは、何時もニコニコ顔で癒されるが、俺たちの関心は娘にあった。
 俺が車を買ったのは、昭和51年の春だった。
 昭和50年の秋に、日高山脈の近くに紅葉(モミジでない楓)を見に行った。
 行きの時刻表を確認し、帰りは現地で確認する。
 昼飯も終わった、バス停で時刻表を見て驚いた。
 15時過ぎまで3時間もある。そしてバス停に「熊」が出ます。
 近くの神社にも、熊、熊の標識だらけだ。
 熊が牛を襲った話を聞いたいたので、後ろ、横ときょろきょろ、ソワソワ。
 春が来たので、車屋さんを呼んだ。
 車屋さんは即決で購入したから喜んだ。          以上