マスターの音楽の歴史


わたくしマスターが小学五年生から聴き始めたロック。
現在までのわたくしの聴いてきた音楽の歴史。
おすすめのアルバムを紹介したページです。
お店とはなにも関係ありませんが・・・・

(小学生〜中学生時代) ROCK

BAY CITY ROLLERS
"Bay City Rollers" (1975)

実は小学5年生の時初めて買ったロックのレコードは日本編集の
BAY CITY ROLLERSのBEST盤でした。
(アメリカデビューアルバムに1曲プラス、
当時ラジオっ子だった私はながれてきた「BYE BYE BABY」からROCKに目ざめたのでした。
ちょっとおはずかしいが・・・・・・
「SATURDAY NIGHT」もお気に入りでサタディのスペルもこの曲で覚えました。
--------------------------------------------------------------------------------
JOHN LENNON
Rock 'n' Roll (1975)

なぜか小5の時ロックンロールってタイトルで買っちゃったアルバム。
お小遣いたしか1000円ぐらいだったので3ヶ月に1枚買うペース。
・・・だもんですごくおもいれ深いアルバム。カバーアルバムなのにジョンの曲だと思って聴いてました。
ROCK'N'ROLLの名曲がいっぱいつまっている素敵なアルバムです
--------------------------------------------------------------------------------
GEORGE HARRISON
Extra Texture (1975)

ラジオでこのころよくかかっていた「二人はアイラブユー」がお気に入りで購入。
よく聴いたなぁ。邦題は「ジョージ・ハリスン帝国」。
しかしもっとハードなロックが聴きたくなったな。
--------------------------------------------------------------------------------

THE SWEET
Give Us a Wink (1976)

まず私がハード・ロックに目ざめたのは小学生の時ラジオで聴いたスイートでした。
POPな曲とコーラスがばっちりなVo。
ハード・ロック・アルバムとして大好きでした。LPは内ジャケを動かしウインクした目が開くしかけが!
現在リリースされているCDはいろんなヴァージョンがあり、それぞれの国で違っている。
--------------------------------------------------------------------------------
QUEEN
Queen II (1974)  

このアルバムを最初に買ってぶっ飛びました。スイートよりすごいコーラス。めくるめくかわる曲展開。
すばらし〜いの一言でした。LPはホワイトサイドとブラックサイドに分かれているのもかっこよかった。
1ST,3RD,そして「オペラ座の夜」もそれぞれ個性的なアルバムだったなぁ。
5枚目以降もきらいじゃないけど初期の4枚がbestですね。
ボーナス入りCDを後日買いました。
--------------------------------------------------------------------------------
EAGLES
One of These Nights (1975)  

このアルバムがでた1975年、ラジオでよくかかってたなぁ。
「呪われた夜」、「いつわりの瞳」、「テイク・イット・トゥ・ザ・リミット」・・・
名曲が聴けます。個人的に「ホテル・カリフォルニア」よりすきです。  
--------------------------------------------------------------------------------
AEROTHMITH
Rocks (1976)  

つづいて中学時代に聴いたものに突入!初めてのアメリカン・ハード・ロックです。
KISSとならんで人気のAEROSMITH。1曲目の「BACK IN THE SADDLE」が超〜かっこいー。
--------------------------------------------------------------------------------
MR.BIG
Sweet Silence (1975)
Photographic Smile (1976)  
 
ポール・ギルバートのではありません。このファーストは4人グループなのにドラムが二人!
DICKEN君率いるブリティッシュ・ハード・ロック
です。一曲目の「Time Base」から「Wonderful Creation」 への展開。「Sweet Silence」のハードさ。
かっこいい〜! あと. 「Zambia」 の不思議な中華ロック。最高!
しかし、他の曲がちょっとのんびりしたのやだるい曲も・・・・

セカンド「Photographic Smile」,はメンバーが一人増え、「Romeo」がポップでよかった。
・・・・しかしアメリカンナイズしすぎた。つまらない
曲も・・・・後に幻のサード「Seppuku」も聴いたけど・・・う〜ん?  
--------------------------------------------------------------------------------
ANGEL
Angel (1975)
Helluva Band (1976)
 
ANGELはKISSと同じカサブランカ・レコードからデビューした5人組。
アイドルチックな白い衣装でちょっとはずかし〜。
しかし「TOWER」, 「SUNDAY MORNING」とか結構かっこいい。
セカンド・アルバムもプログレ・ハード・ロック。  
--------------------------------------------------------------------------------
REX
Rex (1976)
Where Do We Go from Here? (1977)
 
STARZのマイケル君の弟、REXのファースト。5人組のアメリカン・ハード・ロック。
すごく音もヴォーカルも荒削り。
「TROUBLE」のかっこいいイントロ。THE WHOのカバーの「I CAN'T EXPLAIN」などよく聴いた。

セカンドの「WHERE DO WE GO FROM HERE?」で結構まとまってきたなぁ〜っと思ってたら・・・・・
REX SMITHとしてソロになりポップス・アイドル歌手になっちゃった・・・・(笑)。
--------------------------------------------------------------------------------
DEEP PURPLE   
Made in Europe (1975)


ギターを弾きはじめたのが中2のころ。
このアルバムのリッチーのプレイにあこがれたものでした。
個人的に2期よりこの3期のLIVEが大好きでしたね。
--------------------------------------------------------------------------------
RAINBOW
Rising (1976)  

リッチー・ブラックモアズ・レインボー。ロニーの迫力あるヴォーカル、コージーのパワフルドラム
すごいうまいロックって思ったのはこのアルバムから。
イントロのシンセソロからかっこいい。
B面が2曲ってのもいいね。
--------------------------------------------------------------------------------
KISS
Destroyer(1976)  

当時、下敷きにKISSの写真を入れてたらよくなにこれ〜って言われてたな。(笑)
NHKで武道館のライヴが放送されたときかぶりつきで見たものです。
見た目ほどヘビイじゃなく、ロックンロールなサウンドで、最初聴いたときはあらら、
なんか軽いなぁって思ってたな。

--------------------------------------------------------------------------------
STARZ
STARZ(1976)  

かっこいいアメリカン・ハード・ロック。
REXのヴォーカルのレックス・スミスの兄マイケル・リー・スミスがヴォーカル。
「デトロイト・ガールズ」を聴いた時はまいった〜。ってな感じでした。
今出ているCDはボーナス・トラックがプラスされてます。
--------------------------------------------------------------------------------
BOSTON
BOSTON(1976)  

同じ時期にデビューしたSTARZやREXとくらべてだんとつに音がよい。
スペース的な曲なA面はすばらしいの一言。!!
「MORE THAN A FEELING」, 「FOREPLAY/LONG TIME」。名曲です。  
--------------------------------------------------------------------------------
RIOT
Rock City  (1977)  

アメリカン・ポップ・ハード・ロックってな感じ。ヴォーカルがとても個性的な声で、メロディアス。
名曲揃いでよく聴いた。「Warrior」はヘビィメタル賛歌みたいにいわれてる。
--------------------------------------------------------------------------------

LED ZEPPELIN   
Houses of the Holy (1973)


当時初めてZEPを聴いた時、DEEP PURPLEより大人のロックだなぁと思ってました。
このアルバムはなぜか聴きやすくすきでしたね。
ジャケットも不思議な感じで、ぼ〜っと眺めながら聴いてました。  
--------------------------------------------------------------------------------
YES  
Close to the Edge (1972)


同じく中2のころ本家プログレに突入。A面1曲、B面2曲、構成にびっくりしました。
変拍子のかっこよさをこのビル・ブルフォードのドラムで知りました。
--------------------------------------------------------------------------------
YES  
Going for the One (1977)

これもYESです。リアルタイムで聴いてたのですごいお気に入りです。
短い曲と長い曲のバランスがとてもGOOD !
全5曲ですが、ボーナス入りCDが発売されています。
--------------------------------------------------------------------------------
EMERSON, LAKE & PALMER  
Brain Salad Surgery (1973)  

ギーガー作の見開きジャケットにびっくり。音を聴いてびっくり・・・なアルバムでした。
なんといっても「悪の教典#9」でしょう。3ピースのバンドでこの展開。
すばらしすぎ!お薦めです。
クラシックぽいプログレッシブ・ロックの教典。
--------------------------------------------------------------------------------
GENESIS
Foxtrot (1972)

ピーター・ガブリエル時代のGENESISの傑作。
このアルバムもプログレらしくB面に展開のはげしい「サパース・レディ」。
A面1曲目の「ウォッチャー・オブ・ザ・スカイズ」から始まる展開もすぱらしい。
「ホライズンズ」をアコギでコピーしたなぁ。
--------------------------------------------------------------------------------
GENESIS
Seconds Out (1977)

ピーターが抜け、フィル・コリンズがリード・Voに。4人組になったGENESISのLIVE。
リアルタイムでラジオで初めて聞いた、「ファース・オブ・フィフス」、「サパース・レディ」、
「シネマ・ショウ」など変拍子の嵐! 
プログレ最高のLIVEだと思います。  ツインドラムがかっこいい。
--------------------------------------------------------------------------------
FLEETWOOD MAC
Rumours (1977)

当時、UFOとFLEETWOOD MACどちらを買おうか悩んだ覚えがあります。
スティーヴィー・ニックスのかわいさでMACを選んだ・・・たしか。
(笑)「GO YOUR OWN WAY」,「DREAMS」などお気に入りです。イギリスとアメリカが混ざった感じ。
--------------------------------------------------------------------------------
UFO
Strangers in the Night (1978)

結局、友達に借りて聴いたこのLIVE、もう最高っす。
マイケル・シェンカーのギターにあこがれ高校にはいる前にグレコの白いフライングVを
買っちゃいました。はずかしー。・・・・しかしメロディアスなフレーズがかっこよかったなぁ。
ボーナス・トラックが新たにプラスされたのも買いなおしたぞぉ。
--------------------------------------------------------------------------------
THIN LIZZY
Live and Dangerous (1978)

ツイン・リード・ギターがかっこよい2枚組LIVEアルバム。
「アー・ユー・レディ」から「シャ・ラ・ラ」に続く後半がお気に入り。
アルバム、「BLACK ROSE」とならんで聴きまくってましたね。名LIVEアルバム。
--------------------------------------------------------------------------------
SCORPIONS
Tokyo Tapes (1978)

ジャーマンハードロックのスコーピオンズ。
クラウス・マイネのヴォーカル、ウルリッヒ・ロートのギター、かっこよかったね。
この日本でのライヴは音もよく、スタジオ録音より大迫力!ライヴの名盤。
--------------------------------------------------------------------------------
JUDAS PRIEST
Killing Machine (1978)

いままでのアルバムよりロブの高音ヴォーカルをおさえ、聴きやすい。
曲もメロディアスでポップでわかりやすいヘビィメタル。
--------------------------------------------------------------------------------

JEFF BECK
Wired (1976)

このアルバムのおかげでFUSION、JAZZもすんなり聴けました。
「BLOW BY BLOW」,「LIVE WITH JAN HAMMER」もよくききました。
「レッド・ブーツ」がかっこよすぎ。
--------------------------------------------------------------------------------
VAN HALEN
Van Halen (1978)

こ、このギターはなに ? エディのライト・ハンド奏法にびっくり !
YOUNG GUITARというギター雑誌をみて一生懸命練習したぞ。
衝撃のデビューでした。
--------------------------------------------------------------------------------

JAPAN
Adolescent Sex (1978)


ジャケのみ日本風のテヴィット・シルヴィアン率いるJAPANのファースト。
ヴァン・ヘイレンと同じ時に聴いたので、音的にインパクトが薄かったが、ルックスで大人気だったな。
・・・ 今はボーナス・トラックが追加されています。
--------------------------------------------------------------------------------
RUSH
A Farewell to Kings (1977)

カナダのプログレ・ハード・ロック・トリオ。
レコードの回転数が間違ったかと思うほどの超ハイトーン・VOが印象的。
「XANADU」がラジオから流れてきた時、これだ!!と思いましたね。
日本では77年当時まだまだマイナーでしたが
私が一人でもりあがってたな・・・・・・・・。
「CYGNUS X-1」が次のアルバム「HEMISPHERES」につづいていきます。
--------------------------------------------------------------------------------
CHEAP TRICK
Cheap Trick (1977)

美男2人と?男2人のキャラクターが楽しい。
当時FMで渋谷陽一さんがPUSHしてかけてた大推薦の1STです。
BEATLESの雰囲気を持った音にへビィさをプラスしたロック。
「BALLAD OF TV VIOLENCE」が重くかっこいい。
今はボーナス曲が増えて再発。
--------------------------------------------------------------------------------
THE RUNAWAYS
Live in Japan (1977)

中学時代にやっぱり聴いてました。
最初はパンクロックにいれられてました。
まぁ、はっきりいって、うまくないんですが、ブームってやつで・・・
--------------------------------------------------------------------------------
KATE BUSH
The Kick Inside (1978)

1978年、これも渋谷陽一のラジオで初めて聴きました。
子供が歌っているかの様な高い声。凄いインパクトがありました。
なんじゃーこれって思っても耳からはなれず。ジャケットを見て益々ファンになったのでした。
--------------------------------------------------------------------------------
SEX PISTOLS
NEVER MIND THE BOLLOCKS (1977)  

リアル・タイムでパンク・ムーブメントが押し寄せて来ましたね。
ZEPやYESはオールド・ウエイブと呼ばれてた。
クラッシュやストラングラーズも聴いたが、やっぱりこのアルバムが一番パンク・ロックだったね。
--------------------------------------------------------------------------------
Peter Frampton   
Frampton Comes Alive! (1976)  

いや〜。これは売れた。当時ラジオでかかりまくり!
ほんとモンスター・ライブ・アルバム。
今は、曲数が増えたデラックス・エディションもでている。
--------------------------------------------------------------------------------
PRISM
See Forever Eyes (1978)


カナダのプログレッシブ・ハード・ロック・バンド、プリズムのセカンド。
キャッチーなメロディ、ポップ感、今聴くとなつかしいなぁ〜・・・・
「Hello」「Flyin'」「Crime Wave」 「See Forever Eyes」とポップなハード・ロックでお気に入りでした。
--------------------------------------------------------------------------------
AC/DC
if you want blood you've got it (1978)

中ニの時、渋谷陽一のトーク・ライブに行った。おまけでフィルム・コンサートがあった。
QUEENとAC/DCだった。
いや〜感動したなぁ。ボン・スコットがヴォーカル。
・・・・というわけでこのブキー・ハード・ロックにはまったのでありました
--------------------------------------------------------------------------------

フュージョン・ブームがやってきた!

(高校生時代) ROCK,FUSION

QUIET RIOT
Quiet Riot II  (1978)

ランディ・ローズのいたQUIET RIOTのセカンド日本のみ発売。
ジャケには写ってますが、ルディ・サーゾは参加してないみたいです。
ファーストが日本で出る前にファン・クラブが4っつもできたぐらい、アイドル視されてました。
・・・のちに、ファーストも入手しましたが、内容はふつ〜うなアメリカン・ロック。
--------------------------------------------------------------------------------
SMILE
Gettin' Smile(LP) (1969)
Ghost of a Smile (CD)
 
ブライアン・メイ、ロジャー・テイラーがQUEEN結成前、ティム・スタッフェル(vo,bass)と組んでいたSMILE!!!
'69年に録音されていたもの。プラス シングル。
当時はまったく売れなかったらしいが初期QUEENとそっくりで結構楽しめます。
*右のジャケットは97年にCD化された時のジャケットです。ボーナス入り。
--------------------------------------------------------------------------------
BUGGLES
The Age of Plastic (1980)

はじめて聴いたテクノ・ポップがこのバンド。「ラジオ・スターの悲劇」が大ヒット。
のちにドラマの時のイエスにトレバーとジェフが加入する。
--------------------------------------------------------------------------------
KING CRIMSON
In the Court of the Crimson King (1969)

後追いで聴いたんですが、1969年ビートルズの「アビィ・ロード」を抜いて1位になったこの1st。
すごいです。ジャケットのインパクトも。これが元祖プログレかな ?  
--------------------------------------------------------------------------------
KING CRIMSON
USA (1975)  

'74年のアメリカLIVE。
音が悪いとか(アースバウンドに比べるとよっぽどいいね)エディ・ジョブソンのVioをかぶせたとか、
評判は今一ですが
1曲目から押し寄せる音の波、す、すごい。最近の再発CDはリマスター、そして曲が増えお得!  
--------------------------------------------------------------------------------
JOURNEY
Evolution (1979)

スティーブ・ペリーのハイ・トーン、ニール・ショーンのギター、
バランスのよいアメリカン産業ロックの元祖って感じ。
この後の数枚のアルバムがめっちゃ売れていくのです。
--------------------------------------------------------------------------------
YES
Drama (1980)

80年YESの新譜が届きました。
聴いてびっくりジョンのVOじゃない!?なにーバグルス!?ラジオスターの悲劇の?
てな感じでおや?きいてるうちにだんだんとおもしろくなってきました。う〜ん。でもな〜。
・・・・・YESなのか?でも結構好きです。
--------------------------------------------------------------------------------
UK
Night After Night (1979)

3人組になった79年の日本公演。エディのKEY, VIOLIN、テリーのリズム、
ジョンのパフォーマンス、すべてがすばらしい。
しかし世間はパンクの波、ニュー・ウェイブの風。
オールドウェイブのプログレ・グループは消えていくのでした。
--------------------------------------------------------------------------------
THE BRUFORD
The Bruford Tapes (1979)  

このころは世間的にブラッフォードと発音してたなぁ(本人が否定、正しくはブルフォード)。
それはさておきこのライブ、よくきいたなぁ。ギターはアランじゃないけど。
プログレッシブ・ロックとフュージョンの間のインスト・ミュージック。(ジャズ・ロック?)
ちょっと重い感じがするが変拍子の嵐 !!!UKを抜けて79年発表。
ぼくが買ったLPは白いジャケットで海賊盤かと思った。  
--------------------------------------------------------------------------------
ULTRAVOX
Vienna (1980)  

80年ULTRAVOXはミッジ・ユーロを加え、すばらしいアルバムをつくりました。
テクノかニュー・ウェイブかファショナブルなポップなサウンド。
ニュー・ヨーロピアンズがかっこいい。
・・・でもピコピコがきつい曲も・・・
エレクトロニック・アート・ロックと言われている。
--------------------------------------------------------------------------------
Yellow Magic Orchestra
Solid State Survivor (1979)  

きましたきましたジャパニーズ・テクノ。
高校時代ハードロックバンドのあとYMOのコピー・バンドにギターで参加しました。
たしかKEYが3人いたぞ。なつかし〜。みんな元気かなぁ
--------------------------------------------------------------------------------
サディスティック・ミカ・バンド
黒船 (1974)  

'74年のミカバンド。日本のロックを初めて聴いた気分でした。
今思うと凄いメンバーですね〜。
あとにでたロンドンライブもおすすめ。音は悪いけど。歴史を感じます。  
--------------------------------------------------------------------------------
KAZUMI WATANABE(渡辺香津美)
TO CHI KA (1980)

TVCMで聴いた「ユニコーン」がかっこよく、ここからFUSIONの世界にはまっていきました。
バックのメンバーも凄い。  
--------------------------------------------------------------------------------
LARRY CARLTON
Larry Carlton (1978)  

このアルバムの曲、(ルーム335)を聴いてからまたまたどっぷりFUSIONの世界に
はまっていくのでした。
ちなみにラリーの歌声もよいです。  
--------------------------------------------------------------------------------
LEE RITENOUR
Feel the Night (1979)  


カールトンとくればお次はリトナーでしょう。
キャプテン・フィンガーズ、キャプテンズ・ジャーニーと聴いたがどれもお気に入り。
このアルバムのギターの音がまろやかな歪みぐわいでここちよい。
よくギターをコピーしたもんです。
--------------------------------------------------------------------------------
PRISM
PRISM (1977)  

ギターの和田アキラひきいる日本のフュージョン・バンドPRISM。
超早弾きのギター。森園勝敏とのツインリード。
7曲目のタイトル曲の和田アキラは特に凄い!
「CYCLKING」、「LOVE ME」はぼくが高校の頃バンドでやったなぁ。 
--------------------------------------------------------------------------------

PRISM
SURPRISE (1980)

メンバーチェンジして4人組になったPRISM。
B面最後の曲、UNFORGETTABLE(面影の彼方)が大好きです。
名曲です。なけます。
--------------------------------------------------------------------------------
MASAYOSHI TAKANAKA(高中正義)
SUPER TAKANAKA LIVE! (1980)  

本当にスーパーでしたね。高校でフュージョンバンドをやりはじめてコピーしまくりました。
この時期LIVEも見に行きました。  
--------------------------------------------------------------------------------
SPACE CIRCUS
FUNKY CARAVAN (1978)


今現在なかなか入手しにくいSPACE CIRCUS。私はレコードもCDも持ってます。
で、この1ST、いきなり1曲目のチョッパーベースにやられます。
ベースをかっこいいと思ったのはこのアルバムからでした。追憶もいいね〜。  
--------------------------------------------------------------------------------
SPACE CIRCUS
Fantastic Arrival (1979)  

SPACE CIRCUSの2ND。1STよりスペーシーな感じになった。
「ACRYL DREAM」がめっちゃお気に入り。いい曲だぁ。
INSTを聴いて感動するとはね。BCRを聴いてたころは思いも寄らなかった。・・・ 。
--------------------------------------------------------------------------------
CASIOPEA
make up city (1980)  

CASIOPEAもTVCMに使われてたな。このアルバムは個人的に初期で一番のお気に入りです。
ジプシー・ウインド、アイズ・オブ・マインド、メイク・アップ・シティ、いい曲がそろってます。  
--------------------------------------------------------------------------------
CASIOPEA
Thunder Live (1980)  

初期の傑作ライブ。メンバー4人の荒々しい感じの派手なプレイが超〜かっこいい。
このあと「MINT JAM」というライブ・アルバムの時期
にコンサートにいった。向谷さんの喋りもおもしろく、演奏も完璧でしたね〜。
後期はメンバーチェンジもありますます完璧になっていきました。  
--------------------------------------------------------------------------------
BLACK SABBATH
Heaven and Hell(1980)

オジー・オズボーンの後任になんとロニー・ジェイムス・ディオが加入。
様式美のハードロックが展開される。

「Neon Knights」でぶっとび、「Heaven And Hell」で超感動。ハードロックの名盤です。
--------------------------------------------------------------------------------
IRON MAIDEN
Killers(1981)

ニューウェイヴ・オブ・ブリティッシュ・ヘビィ・メタルの中でのピカイチの存在だったメイデン。
このころはポール・ディアノのヴォーカルとクライヴ・バーのドラムが好きだった。
以後、ヴォーカルがブルース・ディッキンソンに代わりヘビィメタルの王道を進んでいく。  

--------------------------------------------------------------------------------
SAGA
Worlds Apart (1981)

81年。カナダのプログレッシブ・ハード・ロック・バンドSAGAの代表作。
「ON THE LOOSE」ののりがかっこいい。プログレッジな展開。キャッ
チーなメロディ。次のアルバム「HEADS OR TALES」も名盤。でもちょっと産業ロック(死語?)。  

--------------------------------------------------------------------------------

BOWWOW
Warning From Stardust (1982)  

フュージョン小僧だった高校時代、とある学園祭にきたBOW WOW。ぶっとびましたね。
HEAVY METALの血がよみがえったアルバムです。
当時その他にLOUDNESS, 44MAGNUM, EARTHSHAKER, NOVELAといろいろ聴いてたぞ・・・
--------------------------------------------------------------------------------

RUSH
Signals (1982)

世界で大ヒットした「PERMANENT WAVES」, 「MOVING PICTURES」,
「EXIT....STAGE LEFT」に続く82年のアルバム。
ハードさ、長い曲は抑えられシンプルな曲作りになった。ちょっとPOLICEに影響された感あり。
しかし数あるRUSHのアルバムの中でもお薦めです。
--------------------------------------------------------------------------------
ASIA
Asia (1982)  

スーパー・グループ・エイジアのデビュー・アルバム。YES, ELP, UKの合体。
メンバーみただけで感動ものでした。
音はキャッチーなメロディにプログレの要素をプラスしたロック。しかしこんなにヒットするとはびっくり。
ロジャー・ディーンのジャケットも最高。  
--------------------------------------------------------------------------------
THIN LIZZY
Thunder and Lightning (1983)  

シンリジィのラストアルバム。ジョン・サイクスのギターかかっこいい。
いい曲か多くあきさせない。解散は残念。
しかし解散ライヴを1年ぐらいしてたな。
--------------------------------------------------------------------------------



(20代前半)ROCK,NEW WAVE
'83年からNEW WAVE時代、
ディスコにもよくいったもんだ。

EDDIE JOBSON / ZINC
the green album (1983)  

エディ・ジョブソンの1STソロ。いいですね〜。
80年代のプログレって感じです。
Voもエディです。83年の作品。今はなかなか入手困難。
--------------------------------------------------------------------------------
FRA LIPPO LIPPI
Songs  Virgin盤 (1986)

86年、ノルウェーのデュオ、3RDアルバム。メロウでポップで聴きやすい。
「EVERYTIME I SEE YOU」, 「COME SUMMER」, 「REGRETS」などキャッチーなメロディ。
ちょっと北欧の暗さが加わっていい感じです。これまたマイ・フェバリット・バンドです。
このvirgin盤のCDはなかなか入手できなくなってい
る。「EVERYTIME I SEE YOU」はLPヴァージョンとCDでは感じが大分違う。

--------------------------------------------------------------------------------
FRA LIPPO LIPPI
Songs + Crash Of Light(LIVE)  Easter盤(1985)

再発されたEaster盤のSONGS。ボーナスとしてライブが8曲追加されています。
dave allenがプロデュースされた曲がなく、85年のオリジナルが収録されていて貴重!
オリジナルは前作「SMALL MERCIES」の音作りに似てます。ギター、効果音がなくシンプル。
--------------------------------------------------------------------------------
FRA LIPPO LIPPI
Light and Shade (1987)

87年の4枚目。アメリカ録音のせいか上質なAORに仕上がってます。
「ANGEL」, 「BEAUTY AND MADNESS」が何回聴いてもいいですね。
スティーリー・ダンのウォルター・ベッカーのプロデュース。
--------------------------------------------------------------------------------
THE LOTUS EATERS
no sense of sin (1984)  

ネオ・アコースティック・エレクトロ・ポップスってな感じかな。
さわやかな中に暗さと哀愁がただよう軟弱ロック。(笑)
このアルバムはよく聴いたなぁ〜。これまたレコードが聴きすぎてパチパチいってます  
--------------------------------------------------------------------------------
THE SMITHS
Meat Is Murder(1985)

モリッシー、ジョニー・マーが作るこのロックは独特な雰囲気。
暗ーい感じ、パンクに近い乗り、メッセージがこめられた歌詞。
不思議に魅力にはまります。
「HOW SOON IS NOW?」がおまけではいってますがこの曲の凄さが浮いています。  
--------------------------------------------------------------------------------
DEPECHE MODE
Some Great Reward (1984)  

「PEOPLE ARE PEOPLE」を聴き、気に入りアルバムを買ったが
「SOMEBODY」のピアノ弾き語りバラードに惚れました。
アルバムとしては次の「ブラック・セレブレーション」のほうが洗練されてるかな?  
--------------------------------------------------------------------------------
EVERYTHING BUT THE GIRL
Everything But the Girl(1984)

お洒落ですね〜。スタイル・カウンシルのアルバムにゲストで参加したトレイシー。
このアルバムはUSデビュー盤(UKはEDEN)。
ジャジーなギターにポップな曲。いいですね。今でもお店で頻繁にながれます。
--------------------------------------------------------------------------------
COCTEAU TWINS
Treasure (1984)

霧がかかったような雰囲気の後ろの方からキラキラした♪が現れます。
エリザベスの神秘的な女神の歌声。
独特な世界にはまります。  
--------------------------------------------------------------------------------
AZTEC CAMERA
Knife (1984)

ネオ・アコースティック・ブームの中で一番輝いていたロディ・フレイム。
軟弱なロックにも聴こえるが何よりも歌が基本。
爽やかなギター・プレイもすばらしい。
--------------------------------------------------------------------------------
SCRITTI POLITTI
Cupid & Psyche 85 (1985)  

傑作2NDアルバム。
グリーン君の作るソウルなピコピコ・エレクトロ・ポップスは独自なサウンドが光ってました。
この後に出た「PROVISION」もいいね。
なんといってもあのMILES DAVISがトランペットで参加してます
--------------------------------------------------------------------------------
TEARS FOR FEARS
Songs from the Big Chair (1985)

TFFの2ND。85年に大ヒットしたモンスター・アルバム。
アコースティツクとエレクトリックがうまくマッチしドラマティックな曲展開。
二人のVOがそれぞれいいかんじです。
--------------------------------------------------------------------------------
TALK TALK
It's My Life (1984)

初期TALK TALKはDURAN DURANに通じるダンサブルなエレクトロ・ポップスだったが、
だんだんとマーク・ホリスの独特のロックの世界がひろがっていく。
--------------------------------------------------------------------------------
THE PALE FOUNTAINS
...From Across The Kitchen Table (1985)

AZTEC CAMERAとならんでネオ・アコースティック・ブームのなかにいれられてました。
1STもいいですが「ジーンズ・ノット・ハプニングス」がはいっている2NDが好きです。
青春ってかんじがするなぁ〜・・・・・  
--------------------------------------------------------------------------------
ICICLE WORKS
Icicle Works (1984)

PALE FOUNTAINSよりも激しいロックな感じのICICLE WORKS。
トリオってのがすごい!
「バーズフライ」、「ラブ・イズ・ア・ワンダフル・カラー」など名曲がぽろぽろ。
しかし、あんまり売れなかったみたいですが・・・・・  
--------------------------------------------------------------------------------
NEW ORDER
Low-life (1985)

当時のディスコ・サウンドにはまっていく元祖ユーロビート。
「パーフェクト・キッス」のできがよい。このアルバムと次の「ブラザーフッド」が大好きです。
・・・・しかしLDで東京ライブを見たが・・・・演奏が・・・。この後、世間はユーロ・ビートが。。。

--------------------------------------------------------------------------------
NIK KERSHAW
the riddle (1984)

ニック・カーショウの最高傑作です。
「ザ・リドル」の印象的なメロディ。その他いい曲がいっぱい。

--------------------------------------------------------------------------------
KILLING JOKE
Brighter Than a Thousand Suns (1986)

前作「NIGHT TIME」を進化させ完成形がこのアルバム。
リズムののりがかっこいい。不良おやじのロックって感じかな?・・・。
後半は似た曲が多い・・・・・・
--------------------------------------------------------------------------------
INXS
The Swing (1984)  

オーストラリアのロックン・ロール・グループ。「ORIGINAL SIN」がヒット。
前作「SHABOOH SHOOBAH」も傑作。
このアルバム以降、もっと大ヒット。・・・・今は亡きマイケル・ハッチェンスのVOがよいです。  
--------------------------------------------------------------------------------
U2
War(1983)

U2初期の名作。アイリッシュ魂が炸裂です。
S・リリーホワイトのプロデュースで荒削りな感じのロック。
「SUNDAY BLOODY SUNDAY」, 「40」がお気に入り。
--------------------------------------------------------------------------------

BIG COUNTRY
The Crossing (1983)

S・リリーホワイト・プロデュースもの。
スコットランド民謡風バクパイプ・ギターが印象的な軽快なロックです。
こののりとフレーズは日本人に合う気がしますね。
--------------------------------------------------------------------------------
SIMPLE MINDS
Sparkle in the Rain (1984)  

S・リリーホワイト・プロデュースもの。
ちょっとへビィな感じだが超かっこいい〜!!このアルバムには、はまりました。
これ以降のアルバムが大ヒットしたが、このアルバムを超えるかっこよさはないです。
--------------------------------------------------------------------------------
DURAN DURAN
Rio (1982)  

ヴィジュアル・バンドとしてみられるDURAN DURAN。
しかしけっこう曲、音、ともにいいんだよな。
「ハングリー・ライク・ザ・ウルフ」、「セイブ・ア・プレイヤー」がベスト・チューン。
--------------------------------------------------------------------------------
THE POLICE
Synchronicity (1983)

POLICEの最高作にしてラスト・アルバム。
(Every Breath You Take / 見つめていたい)が大ヒットしました。
レゲエのリズムを取り入れた独特のロックです。  
--------------------------------------------------------------------------------
YES
90125 (1983)

83年。エレクトロ・ポップス時代のYES。トレバー・ラビンとトレバー・ホーンの影響大。
ジョン・アンダーソンがもどってYESサウンドになった。
--------------------------------------------------------------------------------
PET SHOP BOYS
Please (1986)


12インチを買いあさったね。これは当時、おっしゃれ〜って思ってた。
--------------------------------------------------------------------------------
HUMAN LEAGUE
Crash (1986)  

"Human"は非常にいい曲。あとはあんまり覚えてないけど・・・・・
--------------------------------------------------------------------------------
ALPHAVILLE
Forever Young (1984)

「Big in Japan」 この曲だけヒット。
2ndも洗練されてよかったけどなぁ。ドイツのグループ。
--------------------------------------------------------------------------------
FRANKIE GOES TO HOLLYWOOD
Welcome to the Pleasuredome (1984)  

トレヴァー・ホーンの世界、「リラックス」は世界的にディスコで大流行!!12インチ・シングルを集めた。
このアルバムが出たころはちょっと息切れが・・・・・
LPが2枚組みだったのでちょっと・・・いらない曲も・・・・・
--------------------------------------------------------------------------------
WANG CHUNG
Points on the Curve (1984)  


「ダンス・ホール・デイズ」1曲プロモを見て気に入りました。
当時のディスコ・ブームの中、このリズムはかっこよかった。
このファーストの時はトリオ。セカンドから2人に。
--------------------------------------------------------------------------------
NAKED EYES
The Best of Naked Eyes (1983,1984)

2枚のエレクトロ・ポップスのアルバムを出して解散した二人組み。
イギリスの独特なあんまり明るくないクールな雰囲気な曲がかっこいい。
解散後、クライミー・フィッシャーでもっとポップになっていきました。
--------------------------------------------------------------------------------
A-HA
Hunting High and Low (1985)

ビデオ・クリップがうけて大ヒットした1st。アイドル視されてたこともあるがいい曲がいっぱい。
当時、倉敷市民会館にライブを見に行きました。かなり女性の悲鳴が多かったなぁ〜。
--------------------------------------------------------------------------------
THE CURE
The Head on the Door (1985)

ロバート・スミス率いるキュアーの85年のアルバム。ロバートくんのテキトーに聞こえるヴォーカルとアコースティックなサウンドがばっちり。
次の売れた「キス・ミー、キス・ミー、キス・ミー」より好きです。
--------------------------------------------------------------------------------

KAJA GOO GOO
White Feathers (1983)

LIMAHLくんの唯一のVOの1ST。アイドルグループにしては歌、演奏とも結構よかったなぁ。
BASSなんてチョッパーがうまく目立ってました。
しかしこのあと4人になり、グループ名がKAJAになり。解散。
2009年に、このオリジナル・メンバーでツアーを行った。
--------------------------------------------------------------------------------
REAL LIFE
Heart Land (1983)  

「Send Me an Ange」lが売れた一発屋のイメージがあるが、アルバムではいい曲がいっぱい。
セカンド「FLAME」もロックでいいアルバム。
--------------------------------------------------------------------------------
THE STYLE COUNCIL
Cafe Bleu (1984)  


「ザ・ジャム」解散後、ポール・ウェラーがミック・タルボットと結成したこのユニット。
バラエティにとんだ音楽性、おっしゃれ〜な感じでした
ね。ぼくのまわりの知り合いたちにも絶大な人気があったな。トレイシー・ソーン(ETBG)の歌もいい。
--------------------------------------------------------------------------------
MY MINE
Can Delight (1986)

いや〜ポップですね〜
「Can Delight」はよく、聴いたね〜
--------------------------------------------------------------------------------
HUBERT KAH
Tensongs (1987)  

世界デビュー、ANGEL 07が大ヒットしたドイツのエレクトロ・ポップス・グループの2ND。
1STより洗練され、いい曲がふえました。CDは11曲。「UNDER MY SKIN」はバラードの傑作!
--------------------------------------------------------------------------------
HOWARD JONES
Human's Lib (1984)  

1人で演奏するピコピコ・ミュージックですが、これも人気のアルバム。
サード・アルバムぐらいまでは大好きでした。"What is Love"がいいね〜
--------------------------------------------------------------------------------
ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA
secret message  (1983)

このアルバムもよく聴きました。
一般的に他のアルバムより売れませんでしたが「TIME」にならんで大好きです。
ジェフのソロっぽい作品。  
--------------------------------------------------------------------------------
ORCHESTRAL MANEUVERS IN THE DARK
Pacific Age  (1986)

なが〜いグループ名だな〜。でもジャケットがおもろいぞ、とジャケ買いしたアルバムです。
LIVE AND DIEがとくにお気に入り。
--------------------------------------------------------------------------------
STRAWBERRY SWITCHBLADE
Since Yesterday (1985)  

ピコピコのポッブな楽曲、なかなかおもしろい、ソフトロック系の曲もあったりしてけっこう楽しめます。
--------------------------------------------------------------------------------
DEAD OR ALIVE
Youthquake  (1985)

うひょ〜!これぞ、ユーロ・ビート。
当時のディスコでの定番曲・・・・・・。
--------------------------------------------------------------------------------

ULTRAVOX
Quartet  (1982)

「HYMN」はいい曲です。ちょっとはずかし系ですが。
これもピコピコがきつい感じだが、ミッジ・ユーロの声が好きです。「Reap the Wild Wind」もいいね〜
--------------------------------------------------------------------------------
MODERN TALKING
Let's Talk About Love  (1985)

ちょ〜はずかし系軟弱ユーロ・ビート。
ディスコでの定番曲、どのアルバム聴いてもお〜んなじ。でも5、6枚もLP持ってる。。。
--------------------------------------------------------------------------------

JIMMY LIFTON
I'm a Man (1986)

大阪のLP
コーナーまで行って購入した12インチシングル。
ユーロビートにどっぷりつかってたころにこの曲をたまたま購入。
かっこいい。
--------------------------------------------------------------------------------
VARIOUS
That's Euro Beat Non Stop Mix(1986)

このアルバムでユーロビートブームもピークに。
--------------------------------------------------------------------------------



(20代中頃)ちょっとヘビィなROCK
80年代後半90年代前半ちょっとヘビィなロックにもはま
った。


RACER X
Live Extreme, Vol. 1 & Vol. 2 (1988)  
 
あのポール・ギルバートとブルース・ブイエによる高速ツインギター。
これがまたライブでもばっちりなんだな、これが。
ヴォーカルがちょっともげていた様に聴こえるのが逆に好きだった(笑)
--------------------------------------------------------------------------------
VICIOUS RUMORS
Digital Dictator (1987)  

当時、ジャケ買いして、なんだこのヘビィさは。って思いました。
今どきのデス・メタルやブラック・メタルを思うとヘビィさはそうでもない?ヴォーカルが好きだったなぁ。
--------------------------------------------------------------------------------
DOKKEN
Back for the Attack (1987)  

セカンドの「Tooth and Nail」のころから聴いていたDokken。
ジョージ・リンチのギターが好きだった。
--------------------------------------------------------------------------------
RATT
Invasion of Your Privacy (1985 )  

LAメタル、このころのRATTはかっこよかった。
凄い勢いがあったな。
--------------------------------------------------------------------------------
EUROPE
The Final Countdown (1986) 

「北欧メタル」、スウェーデン出身のバンド。このアルバムが全世界で大ヒット。
スポーツによく使われるタイトル曲、バラード、他、いい曲が揃っている。ジョン・ノーラムのギターも最高。
--------------------------------------------------------------------------------
SKID ROW
Skid Row  (1989)

当時、BON JOVIの弟分として、なんとなくアイドル視されてたヘビィロックバンド。
ファーストにして完成度が高く、凄くメロディがよく、かっこよかった。
--------------------------------------------------------------------------------
GUNS N' ROSES
EP - Live From The Jungle (1987)  


ガンズは売れたね〜ファーストが出た直後にすぐ購入したがじわじわと売れ出し大ヒット!
このCDは発禁ジャケットを堂々と日本のみで発売されたEPのコンピ。
AC/DCの「ホール・ロッタ・ロージー」がかっこいい!
--------------------------------------------------------------------------------

VAN HALEN
5150 (1986)  

ヴォーカルがサミー・ヘイガー?どぅなんだろっ?聴いてみっか。ん、なかなか良いではないか!
ライブではエディがキーボードを弾く曲でサミーがギターを、
(アルバムでは弾かしてもらえなかったらしいが・・・・)
--------------------------------------------------------------------------------
KING'S X
Gretchen Goes to Nebraska  (1989)

キングスXのセカンド。トリオ編成で、ボップ感もあるヘビィサウンド。
コーラスもよくかっこいい。
ミュージシャン受けがよかったようなバンド。
--------------------------------------------------------------------------------
L.A.GUNS
L.A.GUNS  (1988)

初期GUNS N' ROSESのTracii Gunsが、L.A.GUNSとしてデビュー。
なんとヴォーカルはもとGIRLのPhilip Lewis!
--------------------------------------------------------------------------------
WHITESNAKE
Whitesnake (1987)

このアルバムはインパクトあったなぁ。
アルバムがリリースされた時にはジョン・サイクス他のメンバーは脱退していた。
なんと大阪まで当時ライブを見に行きました。デヴィ・カヴァの声も出てたし。
ライブを見に行った時はヴィヴィアン・キャンベル、エイドリアンヴァデンバーグ、
ルディ・サーゾ、トミー・アルドリッチ・・・なんて豪華なメンバーだ。
--------------------------------------------------------------------------------

DEF LEPPARD
Hysteria (1987)  

このアルバムは売れました。へビィ・メタルのジャンルだけに入れてしまうにはもったいないです。
よく聴いたなぁ〜。
--------------------------------------------------------------------------------
EMERSON,LAKE & POWELL
Emerson, Lake & Powell (1987)  

このバンドが現実にリリースされた時はおったまげたね。
ふらふらといろんなバンドを渡り歩いたコージー・パウエルが参加。
この1枚のみで解散(やっぱり・・・・・)コージーのパワフルなドラムはかっこよかった。
--------------------------------------------------------------------------------

... To the Power of Three  (1988)

エマーソン・レイク&パウエルも長続きせず、カール・パーマーを呼び戻したが、今度はグレッグが脱退。
アメリカ人マルチ・プレイヤーのロバート・ベリーを加入させ“スリー”を結成。
バーズのカバー曲をしたり、ポップなベリーのヴォーカルが良い。しかし1枚のみで解散。
後にオリジナルELPが結成される。
--------------------------------------------------------------------------------
HELLOWEEN
keeper of the seventh keys Vol.2 (1988)

メロディックなヘビィメタルの元祖。
マイケル・キスクのハイトーンヴォーカル、スピード感のあるツインギター。
心地よいヘビサウンド曲展開。結構はまったね、このころは。
--------------------------------------------------------------------------------

MOTLEY CRUE
Dr.Feelgood (1989)  

いや〜この時代はメタル界はいい時代だった。
タイトル曲がかっこいい。
--------------------------------------------------------------------------------
BLUE MURDER
Blue Murder (1989)  

ジョンサイクスがホワイトスネイクのアルバム「サーペンス・アルバス」に参加、脱退、
そしてブルーマーダーとしてファーストアルバムをリリース。
このアルバムではヴォーカルもとり、楽曲もよい。結構気に入ってたナァ。
--------------------------------------------------------------------------------
RTZ
Return to Zero  (1991)

BOSTONのリード・ヴォーカリスト、ブラッドとギターのバリーが作ったRTZのファースト。
曲は悪くないし・・・・しかしBOSTONサウンドじゃないから・・・・
今はなきブラッドくんを想って聴きたいアルバムです。
--------------------------------------------------------------------------------
BADLANDS
SAME  (1989)


オジーのバンドを抜け結成したバッドランズ。70年代ハードロックっぽくブルージーでかっこいい。
レイギランのハイトーンのヴォーカルもいいね。最高。
--------------------------------------------------------------------------------
SLAUGHTER
Stick It to Ya (1990)  

Vinnie Vincent Invasionのセカンドでヴォーカルを担当したマーク・スローター。すげー声!
やっぱり自分のバンドを組んだね。って当時思った。
ヴィニーのバンドの中で特にこの声は目立ってたからなぁ。
で、自分の名前のバンドのデビュー作。「Fly to the Angels」が大好きだった。  
--------------------------------------------------------------------------------
QUEENSRYCHE
Empire (1990)  

前作「Operation: Mindcrime」がコンセプトアルバムで大ヒット。
この「エンパイア」も全世界で400万枚以上を売上げた。
ジェフ・テイトが歌う 「静寂(サイレント・ルシディティ)」にはまいった。
ところで バンド名表記が「クィーンズライチ」から「クィーンズライク」になったのね〜
--------------------------------------------------------------------------------
NIRVANA
Nevermind (1991)  

グランジって、世間で言われ、話題になっていたので、
聴いてたな、なかなかかっこいいとは思ってたけど・・・
売れすぎたせいか、次のアルバムは聴かなかったな、
--------------------------------------------------------------------------------
DREAM THEATER
Images and Words (1992 )

リアルタイムで聴いてこんな完璧なプログレッシヴメタルは聴いたことがなかったな。
よかったんだけど、まぁこのアルバムを最後にこの当時ヘビィなサウンドから遠ざかっていきました。
ちょっとつらくなってきたお年ごろ(笑)
--------------------------------------------------------------------------------
MARILLION
Holidays in Eden (1989)

ヴォーカルがフィッシュからスティーヴホガーズに代わって2枚目のアルバム。
アメリカではまったく売れないとてもイギリス的叙情的サウンド。
ポップな楽曲も多くとてもいいんだけどなぁ。

-------------------------------------------------------------------------------

(20代後半) ROCK
90年頃、リアルタイムの音楽より原点にもどってみました。やっぱりビートルズにはまる。




THE BEATLES
Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band(1967)


ビートルズはオリジナルCD、各国のLP、ブートレッグ、・・・
ファン・クラブが作った「プッチャー・カバー」まで(本物は高すぎて・・・)集めるぐらい、
コレクターになった時が・・・・
初期も後期もいいが67年にリリースされた、この驚異的なサウンドにはまいりました。
--------------------------------------------------------------------------------
BUFFALO SPRINGFIELD
Last Time Around (1968)

はっきり言って解散前のアルバムで、全員が好き勝手バラバラ。
それがすきなんだよなぁ〜 すごいメンバーだなぁ。
--------------------------------------------------------------------------------

JIMI HENDRIX
Are You Experienced(1967)  

このファースト最高です。いろんなヴァージョンがでてますが、アメリカ盤のジャケがかっこよく、
"Are You Experienced?" "Hey Joe"
"Manic Depression" ・・・・す、すばらしい。

--------------------------------------------------------------------------------
DEREK & THE DOMINOS
The Layla Sessions : 20th Anniversary Edition (1970)

ブラインド・フェイスの後デラニー&ボニーらとツアーした。
そしてアメリカにてデレク・アンド・ザ・ドミノス結成。
デュアン・オールマンらとひけのないプレイ、「レイラ」が有名曲。
そのアルバムとセッションをまとめた3CD。
--------------------------------------------------------------------------------
THE ROLLING STONES
Beggars Banquet(1968)

ロック、ブルース、アコーステック、
僕が好きなストーンズが詰まっています。かっこいい!
--------------------------------------------------------------------------------
THE ROLLING STONES
Undercover (1983)

'80年代のストーンズ。エレクトリックな要素がはいっているが、これがファンキーで超かっこいい。

--------------------------------------------------------------------------------

C,S,N&Y
Deja Vu(1970)

クロスビー、スティルス&ナッシュにニール・ヤングが加わって発表した名盤。セカンド。
メンバーそれぞれの個性が発揮された楽曲。コーラスハーモニーもばっちり。
--------------------------------------------------------------------------------
はっぴいえんど
風街ロマン(1971)

松本隆、細野春臣、大瀧詠一、鈴木茂の四人組ジャパニーズロック。
モビーグレイプ、ニール・ヤングなどに影響されたロックにですます調で歌われる歌詞がのる。
とても新鮮でかっこいい。素晴らしいです。

--------------------------------------------------------------------------------

BOB DYLAN
The Bootleg Series Vol. 5: Bob Dylan Live 1975, The Rolling Thunder Revue(1975)  

「血の轍」「欲望」そして「ハード・レイン」と発売されていたこの時期が一番、
ディランがロックとしてかっこいい時期。
「Bringing It All Back Home」からフォークの神様からロックへ変換。
これまたかっこいい。全アルバム、ブートレッグまで、はまってしまった
--------------------------------------------------------------------------------
THE BAND
Music from Big Pink (1968)


68年のデビー・アルバム。
初めて聴いた時ピンとこなかったが、このロック史に輝く名盤のよさにはまっていきました。
じっくり聴いてほしいですね。ジャケットのディランの絵はうまいんだか?
--------------------------------------------------------------------------------
THE BYRDS
The Notorious Byrd Brothers (1968)

BOB DYLANのカバーでフォーク・ロックとしてデビューしたBYRDS。
このアルバムはゲイリー・アッシャーのプロデュースで独特のサイケな世界。
「DRAFT MORNING」が超お気に入り。いろんな効果音がつかわれて流石なアルバム。  
--------------------------------------------------------------------------------
THE BYRDS
Sweetheart Of The Rodeo (1968)

 
メンバー・チェンジでグラム・パーソンズが加入した唯一のアルバム。
後のカントリー・ロックに多大な影響をあたえた。
ほのぼのとしたBYRDSの名盤。いいねぇ〜。  
--------------------------------------------------------------------------------
THE WHO
Who's Next (1971)

はっきり言ってTHE WHOは聴かずぎらいだった。
ヴォーカルも個性的に思えなかったし、映像はハチャメチャ。
しかしこのアルバムはスリリング。
1996年ごろ、リンゴスターの来日公演でジョン・エントウィッスルだけ観れた。
--------------------------------------------------------------------------------
GENE CLARK
White Light  (1971)

元バーズのジーン・クラークの名盤。
ジェシ・エド・デイヴィスがプロデューサーで他のソロアルバムより味わい深く、
すばらしいカントリー・ロック。
--------------------------------------------------------------------------------
FLYING BURRITO BROTHERS
Farther Along (1969〜1970)

初期の演奏を収めたベスト。
バーズを辞めたグラムとクリスがルーツのカントリーロックの金字塔。
ラストのI Shall Be Released のデモは泣ける。
--------------------------------------------------------------------------------
EMITT RHODES
Emitt Rhodes (1970)

MERRY GO ROUNDを解散し70年に発表したソロ・デビュー作。
BEATLESの影響をところどころに感じます。
アメリカのひとりポール・マッカートニー。
--------------------------------------------------------------------------------
VAN MORRISON
Moondance (1970)

アストラル・ウィークスに続くアルバム。
アイルランドのグッドフィーリングのヴォーカリスト。ソウルフルに歌う。名盤。
--------------------------------------------------------------------------------
T. REX
Electric Warrior (1971)

T.REXも後追いですが、マーク・ボランのだるだるVOがお気に入り。
初期ティラノザウルス・レックスのアコースティックな感じもよいです。  
--------------------------------------------------------------------------------
FRANK ZAPPA
Hot Rats (1969)

69年、ZAPPA名義の作品。JAZZ,ROCK調のフュージョン風インストがメイン。
一曲目からZAPPAの世界に引き込まれます。結構はまりますよ〜。  
--------------------------------------------------------------------------------
NITTY GRITTY DIRT BAND
Uncle Charlie & His Dog Teddy (1970)

これぞカントリー・ロック!!!!
カバー曲「ミスター・ボージャングルス」はいいね〜。  
--------------------------------------------------------------------------------
THE BEACH BOYS
Pet Sounds(1966)  

サーフィンUSAのころしか知らなかったころ、ビーチボーイズの事をバカにして聴いてなかった。
しかしこのアルバムを聴いてぶっとび!
以降ソフト・ロックの世界にもはまってしまった。
--------------------------------------------------------------------------------
ROGER NICHOLS
Roger Nichols & the Small Circle of Friends  (1968)

私にとってはずかし系のアルバムですが、ソフト・ロックの超名盤。
コーラスのきいたポップないい曲がいっぱいです。まいりました〜。  
--------------------------------------------------------------------------------
ZOMBIES
Odessey and Oracle (1968)

美しく切ないソフト・ロックの名盤。
ゾンビーズという名前は無視して聴いてほしいPETSOUNDSにならぶアルバムだと思います。  
--------------------------------------------------------------------------------
THE MILLENNIUM
Begin (1968)

遂にはまってしまった。ソフト・ロックの世界。
カート・ベッチャーのMILLENNIUMの唯一のアルバム。
これはもう究極にソフト・ロックの傑作です。
「語りつくして」はいい曲ですね。何回聴いて何度感動したやら。
--------------------------------------------------------------------------------
SAGITTARIUS
Present Tense (1967)

SAGITTARIUS、カート・ベッチャーとゲイリー・アッシャーがつくりあげたプロジェクト。
「ANOTHER TIME」などソフト・ロックの名曲がつまってます。
Sundazed盤がボーナス曲が多くお得。「Get the Message」がいいね〜
2ND,「BLUE MARBLE」も雰囲気がちょっと違うがよいです。  
--------------------------------------------------------------------------------
HOLLIES
Butterfly(1967)

HOLLIESのサイケデリック時代のアルバム。「ウッドユー・ビリーブ」がベスト・チューンです。
アコースティック・ギターの響きが大好きです
--------------------------------------------------------------------------------
ERIC CLAPTON
No Reason to Cry (1976)

もう説明がいらないですね。あのクラプトンです。
このアルバムはTHE BANDのメンバー達とつくったストレートなロックです。
BOB DYLANとのデュエットもきけます。シンプルな76年の作品。お気に入り。  
--------------------------------------------------------------------------------
THE BAND
The Last Waltz (1976)

THE BANDの解散コンサートのライヴ盤。なんといってもゲストがすごい。
ここからマディー、ヴァン・モリソン、ジョニ・ミッチェル、
ニール・ヤングなどを聴くようになりました。映像もすごい。  
--------------------------------------------------------------------------------
ALLMAN BROTHERS BAND
The Fillmore Concerts (1971)

名作ライブ。ツイン・ギター、ツイン・ドラム。曲のアンサンブルが完璧!!!
デュアンのスライドが超かっこいいサザン・ロック。
ブートで映像を見たが涙もんです。  
--------------------------------------------------------------------------------
BADFINGER
Straight Up (1971)

BADFINGERとしての3RD。
悲しい結末をむかえる彼らですが、このアルバムの意欲的な作品はすばらしいの一言。
ジョージとトッドのプロデュースの違いがおもしろい。
彼らの絶頂期の作品。必聴!!!!!  
--------------------------------------------------------------------------------
TODD RUNDGREN
Runt: The Ballad of Todd Rundgren (1971)

71年発表、ソロ第二弾。
名曲がこのアルバムにもいっぱいあります。凄い名盤だと・・・・しかし、
ジャケットは意味がわかりません。恐いナァ。  
--------------------------------------------------------------------------------
LITTLE FEAT
Waiting for Columbus (1978)

このLITTLE FEATのライブ・アルバムも名作。
ローウェル・ジョージのVoとスライド・ギターが渋い!!!!
メンバーの演奏も凄い。タワー・オブ・パワーのホーンセクションもいい感じ。
コンプリート盤をお薦め致します。
--------------------------------------------------------------------------------
GRATEFUL DEAD
American Beauty (1970)

前作「WORKINGMAN'S DEAD」のカントリー・ロックさを推し進めた完成形。
アコースティックでゆるい感じの味のある作品。
--------------------------------------------------------------------------------
FAIRPORT CONVENTION
Full House (1970)

英国トラディショナル・ミュージック・ロック。
サンディ・デニーがいたころより、この男くさいロックのほうがお気に入り。
同時期の「HOUSE FULL」というLIVEアルバムがおすすめ。
トラッドミュージックの乗りがなぜか日本人に合うんだよなぁ。
--------------------------------------------------------------------------------
IAN MATTHEWS
Journeys from Gospel Oak (1974)

FAIRPORT CONVENTIONのメンバーだったIAN MATTEWS。
カントリー・ロックのカバーが多く収められています。
イギリスの暗い感じがとってもよいです。  
--------------------------------------------------------------------------------
IAN MATTHEWS
Valley Hi (1973)

PLAINSONGをへてアメリカに渡り録音したカントリー・ロック・アルバム。
EAGLESに通じるすばらしい出来になってます。いいですよ〜。  
--------------------------------------------------------------------------------
AMERICA
Holiday (1974)

 1974年のAMERICAのアルバム。
あのBEATLESのプロデューサー、ジョージ・マーティンがてがけました。
「ANOTHER TRY」が私は大好きです。  
--------------------------------------------------------------------------------
TONY KOSINEC
Bad Girl Songs (1970)

カナダ人シンガー・ソング・ライター。1STアルバムはプロデュースミスな感じで気に入らなかった。
この2NDは最高に個性的でいいですね〜。
飾り気のないアコースティツク・ギ゛ター。暗いがポツプな楽曲。  
--------------------------------------------------------------------------------
LEO KOTTKE
Green House (1972)


アメリカン・ミュージックの伝統に根差したギター。
フォーク、カントリー、ブルースの中に新たな感覚。渋いVOもGOOD。
--------------------------------------------------------------------------------
AL KOOPER
Naked Songs (1973)


ALのアルバムで一番のおきにいり。最後まであきることなく聴けます。
やっぱり「ジョリィ」がベスト・ラヴ・ソング。  
--------------------------------------------------------------------------------
TOM WAITS
Closing Time  (1973)


1STアルバムにしてこの風格、酔いどれ詩人トム・ウェイツの最高作と思います。
「アーリー・テープス 1,2」もお薦め。
--------------------------------------------------------------------------------
AMERICAN FLYER
American Flyer  (1976)


ウェスト・コーストファンの間で人気の高いアメリカン・フライヤーのデビュー盤。
セカンドはダメダメになっちゃった。
たぶんこのファーストがすばらしいのは、楽曲の良さとプロデューサーがあのジョージ・マーティンだから
・・・・だと思う。名曲名盤。
--------------------------------------------------------------------------------
POCO
Rose Of Cimarron  (1976)


バッファロー・スプリングフィールドからわかれたリッチー・フューレイやジム・メッシーナが結成。
カントリー・ロック・バンド、POCO。
ランディ・マイズナー、ティモシー・シュミットなどが参加。
ポップで心地よいロックです。
他では「カンタモス」、「ヘッド・オーバー・ヒールズ」、「インディアン・サマー」が好きです。
--------------------------------------------------------------------------------
RY COODER
Chicken Skin Music  (1976)


すごく楽しくききやすいアルバム。アメリカの伝統的なフォーク、ブルース、カントリー・・・・いいねー。
他にもいいアルバムがいっぱいあります。  
--------------------------------------------------------------------------------
CRAZY HORSE
Crazy Horse (1971)


ニール・ヤングのバックバンドで有名なバンドのデビュー。
めっちゃかっこいロックアルバム。名曲.「I Don't Want to Talk About It」のオリジナルが聴ける。
「Beggars Day」がいいね〜
--------------------------------------------------------------------------------
BRUCE COCKBURN
High Winds White Skies (1971)


カナダのシンガー・ソング・ライター、ブルース・コバーン。 なんかくら〜い曲が多いんだけど、
魅力的な声、ギタープレイ、楽曲。はまって全アルバム揃えたな。
--------------------------------------------------------------------------------
NICK DRAKE
Pink Moon (1972)


ニック・ドレイクもシンガー・ソング・ライター。このアルバムは悲しいラストアルバム。
決して明るくないがなんか聞き込んじゃう、名盤。ダドガドチューニングを駆使した楽曲。
--------------------------------------------------------------------------------

KEITH EMERSON
Best Revenge (1982)


あのキース・エマーソンの映画のサントラ。しかし映画は公開されなかったらしい。
と、そんなことはどうでもよくて、
このアルバムにはなんとバンドのガース・ハドソンとリヴォン・ヘルムとの競作が聴けるのです。
キースのサウンドをバックにリヴォンのヴォーカルのミスマッチ!なんじゃこりゃ。
そしてあのボストンのブラット・デルプの歌うPlaying For Keepsはキースのサウンドとばっちり。
かっこいい。かくれた名曲だと思う。いやぁ、レアですね。
--------------------------------------------------------------------------------

苦手だったレゲエにもはまった!

(20代後半) REGGAE


BOB MARLEY
Songs of Freedom  (from 1962)


レゲエです。中学生のころは見た目で受け付けなかったが、はまると抜けられない世界。
もうほんと神様ですな。すごいの一言。初期のスカ・サウンドも好きです。
すばらしい!!!!!
--------------------------------------------------------------------------------
JIMMY CLIFF
The Harder They Come  (1972)


サウンドトラックですが、レゲエの名曲がつまってます。特に遥かなる河はいい曲だ〜。
--------------------------------------------------------------------------------
TROJAN BOX SET
(SKA ,ROCKSTEADY, LOVERS)  


 
トロージャン・レーベルに遺された数々の音源のボックス・セット。
スカから始まってロックステディ、そしてラヴァーズ、レゲエと移りかわっていく歴史。
個人的にレゲエはソウルやロック、ポップスのヒット曲をカバーしたラヴァーズ・レゲエが大好きです。  
--------------------------------------------------------------------------------
UB40
Labour of Love (1983)


83年、UKレゲエUB40の傑作。このアルバムのヒットでシリーズ化されていきます。
どのアルバムもいい選曲で大好きです。おかげでレゲエの奥深い世界にも入っていきました。  
--------------------------------------------------------------------------------
VARIOUS ARTISTS
Sound Of The Seventies...Reggae Style  


70年代ソウツ・ヒッツをジョン・ホルト、ケン・パーカー、マーシャ・グリフィス、デニス・ブラウン、
アルトン・エリスら名シンガー達が歌い上げる
ラヴァーズ・ロッスステディ。  
--------------------------------------------------------------------------------
BUNNY WAILER
Blackheart Man (1976)


ウェイラーズを脱退した後にリリース。ジャケがおどろおどろしくみえるが、そんなことはなく、
聴きやすいとってもいいアルバム。
--------------------------------------------------------------------------------
PETER TOSH
Legalize It  (1976)


ピーターのウェイラーズの後、リリースしたファースト・ソロ・アルバム。解禁せよ・・なんかすげー。
ジャケも印象的。
--------------------------------------------------------------------------------





(30代前半) BLUES,SOUL,FUNK

'92年ごろからもっとロックの原点、ブルーズ、
ロックン・ロール、
ソウルそしてジャズにはまっていくのでありました。
まずはBLUES & SOUL & FUNKの世界です。



JACKSON 5
Ultimate Collection (1962〜)


66年結成。ジャクソン兄弟のヴォーカル・グループ。
驚異的なマイケルのヴォーカルが聴けます。このころからすばらし〜。
--------------------------------------------------------------------------------
VARIOUS ARTISTS
Soul Hits of the 70's VOL.1〜20
 (1970's)

   
--------------------------------------------------------------------------------
70年代のソウルのヒット集。vol.20まで持ってます。
どれを聴いてもすばらしい
--------------------------------------------------------------------------------
THE CHI-LITES
Greatest Hits (1970s)


シカゴの灯りという名前の男性ヴォーカル・グループ。
ロマンティックなソウル・パラードが数々大ヒット。これはいいね〜。
--------------------------------------------------------------------------------
ROBERT JOHNSON
The Complete Recordings (November 1936 and June 1937)


DEEP BLUESの入門CD。初めて聴いた時は、まったくなんだ〜?
でした。たしかに入門には辛いでしょう。・・・がしかし、というかBLUESといえばロバジョンでしょう。  
--------------------------------------------------------------------------------
BLIND WILLIE McTELL
The Best of Blind Willie McTell (1927〜1931)


戦前ブルースです。盲目のブルースマンはいっぱいいますが。このマクテル、12弦ギターを爪弾きながら高音の声で歌います。
・・・なんか悲しい感じですが、いいなぁ〜と思ってしまいます。なんかCDなのにパチパチいってるのがよいです。

--------------------------------------------------------------------------------
LOUIS JORDAN
The Best of Louis Jordan (1940s and early '50s)


チャック・ベリーをして多大な影響を受けたといわしめたルイ。
ブルーズをジャンプさせたジャジーなロックンロール。どのジャケも笑顔がいいっすねー。  
--------------------------------------------------------------------------------
SAM COOKE
Live at the Harlem Square Club, 1963 (1963)


MR.SOUL!サムの黒人観衆を前にした絶品ライブ。
もうほんまにかっちょいいーーー! !!!
--------------------------------------------------------------------------------
FATS DOMINO
EP Collection (late 1950s and early '60s)


弾けるブギウギ・ピアノ、ニューオリンズのR&B。
大ヒット曲がいっぱい聴くことができます。  
--------------------------------------------------------------------------------
JAMES BROWN
Star Time (1956〜)


JBの長い歴史を4CDにまとめたもの。
ファンキー・ソウルの元祖。ゲロッパ !!!!。くぅ〜凄い!  
--------------------------------------------------------------------------------
LLOYD PRICE
Lloyd Price (1952)


ロイド・プライス17歳の時の作品。ニューオリンズの乗りのロックンロール。
とてもたのしい。  
--------------------------------------------------------------------------------
ROBERT JR.LOCKWOOD & THE ACES
Blues Live ! & Blues Live !2 (1974)


これこれ、このアルバムを聴いて、BLUESにどっぷりつかりました。
74年のACESとの日本ライヴ。ロックウッドのジャジーな感じのコード。
ノリ、なんともすばらしいライブ!音もとっても良い。 
--------------------------------------------------------------------------------

CHUCK BERRY
Best of (1955〜)


ロックンロールの神様。
なるほど〜。いろんなロックの人たちはチャック・ベリーを聴いてたんだね〜・・・・  
--------------------------------------------------------------------------------
MUDDY WATERS
At Newport (1960)


あのMUDDYのLIVE。渋いなぁ。すばらしい演奏。
「MOJO WORKIN」 の乗りが大好きです。
--------------------------------------------------------------------------------
SONNY BOY WILLIAMSON [II]
Down And Out Blues (1959)


ファンの多いサニーボーイ二世。
あかるい歌声、かっこいいハープ。ジャケにインパクトあり。  
--------------------------------------------------------------------------------
MAGIC SAM
West Side Soul (1967)


MAGIC SAMの名盤中の名盤。歌、ギターとも熱く感動します。
'69年に32歳で亡くなる・・・・・「MAGIC SAM LIVE!」(音は超悪い !)の熱い迫力の演奏もすごい。 !!!  
--------------------------------------------------------------------------------
ELMORE JAMES
The Sky Is Crying (1951〜1961)


50年代、スローブルースからDUST MY BROOMスタイルのスライドギター・サウンドの完成。
ゴスペルチックな高いVOも最高。
--------------------------------------------------------------------------------
JIMMY ROGERS
Chicago Bound (1970)


50年代シカゴブルース。マディをささえたジミーの見事な録音集。
渋い。50年代録音作品、70年発売。  
--------------------------------------------------------------------------------
HOUND DOG TAYLOR & THE HOUSEROCKERS
Natural Boogie (1973)



 
ブギーだぁ〜。このトリオの乗りはすごい。
う〜ん。6本指で弾くこのスライド・ギターもびっくり。
ビザール・ギター(テスコかな?)を使っているのも最高!  
--------------------------------------------------------------------------------


FREDDIE KING
Freddie King Is a Blues Master (1969 )


このファンキーなブルーズ・ギター。最高。
70年代のロックなころもいいけど、初期のにっこり笑いながら演奏するインストが好きです。
(ビデオを買いました。)  
--------------------------------------------------------------------------------


LIGHTNIN' HOPKINS
Mojo Hand (1960)

かっこいい。・・・・・・この♪をかっこいいと思うなんて歳くったなぁ〜。
・・・・・ライトニンのVO、アコースティック・ギターのひきまくり・・・・・・
--------------------------------------------------------------------------------


JOHN LEE HOOKER
Boom Boom (1992)

このアルバムは92年の録音。
JOHN LEEは映画BLUES BROTHERSで初めて見ました。
いや〜かっこいい。
48年デビュー。個人的にはVEE JEY時代がすきです。  
--------------------------------------------------------------------------------


JAMES COTTON BAND
Live at Electric Lady (1975)


強烈です!!!!!70年代のモダンブルース・ハーピスト、
このころのファンキーなのり勢いを収めたライヴ盤。
Pヴァインの邦題「100コットンライブ!」。
ギターのマット・マーフィーのカッティング、リード、凄い。
こんなにファンキーなブルースはこのアルバムしかない!!!!!最高です。
--------------------------------------------------------------------------------


B.B KING
Live at the Regal (1965)

64年のライヴの名盤。
パフォーマー・B.Bが最高。  
--------------------------------------------------------------------------------


B.B KING
Blues on the Bayou (1998)

98年録音。ほんとBLUESなB.B
落ち着いたセンチメンタルな楽曲がよいです。後、70年代のソウルな時期も好きです。  
--------------------------------------------------------------------------------


HOWLIN' WOLF
Howlin' Wolf/Moanin' in the Moonlight (1951〜1962)

ロックのいろんなミュージシャンに影響をあたえたハウリン・ウルフ。
名前どおりのVO。ブルースの底力。かっこいい このCDは2in1.


--------------------------------------------------------------------------------


T-BONE WALKER
T-Bone Walker (1942〜1947)

う〜ん。モダン・ブルースです。おしゃれですね〜。
「STORMY MONDAY」,「 T-BONE SHUFFLE」、いいですよ。
モダンブルース基本中の基本とされています。  
--------------------------------------------------------------------------------


PEE WEE CRAYTON
Thin (1971 ) gs I Used to Do

T-BONEのながれの50年代ウェストコーストのモダンブルース・ギタリスト。
初期の作品にも名作が多いが、これは70年のアルバム。ワイルドなダイナミックなギター。  
--------------------------------------------------------------------------------


THE BLUES BROTHERS
The Blues Brothers: Original Soundtrack Recording (1980)

これは映画のサントラだが、楽曲、BLUES BROTHERS BANDの演奏、すばらしい。
他のアルバムも全部おすすめ。ブルース、ソウルにはまりまっせ〜。  
--------------------------------------------------------------------------------



STEVIE RAY VAUGHAN and Double Trouble
Texas Flood (1983)

ホワイトブルースマン、レイ・ボーンの1ST。
若くして亡くなったのが本当におしい。名盤です。「LENNY」・・・・・泣けます。  
--------------------------------------------------------------------------------


ALBERT COLLINS
Frozen Alive! + Live in Japan (1981、1984)

open D-minorチュ-ニングにカポを付け個性的なピッキングで弾きまくる!
ファンキーなのりのいいシャッフル。かっこいいね〜ライブ2in1のCDです。
--------------------------------------------------------------------------------


STEVIE WONDER
Talking Book (1972)

名曲ばかりです。最近の物はあまり聴きませんが、この70年代の他のアルバムも傑作ばかりです。
みなさん知ってますよね。
--------------------------------------------------------------------------------
TOWER OF POWER
Back to Oakland  (1974)

ファンクジャズ。ブラスセクションもかっこいい。リズム隊も最高のグルーヴ。
ヴォーカルもソウルフルで甘く、強力!

--------------------------------------------------------------------------------


AVERAGE WHITE BAND
Person to Person [LIVE] (1977)

INSTのピック・アップ・ザ・ピーセズ他が有名なAWBの激熱ライブ。
イギリスのホワイト・ファンクです。ギターのカッティング、のりのりのリズム、
ソウルなヴォーカル、すべてGOOD。超おすすめLIVE !  
--------------------------------------------------------------------------------


OHIO PLAYERS
Gold (1970s)

ファンク・グルーヴが最高のオハイオ・プレイヤーズ。彼らの代表曲がいっぱいはいったBEST。
「ラプ・ローラーコースター」が大好きです。  
--------------------------------------------------------------------------------


MARVIN GAYE
What's Going on (1971)

内に秘められた怒りがこのアルバムを支配しているらしい ?
アレンジ、歌、すべてがすばらしいです。
--------------------------------------------------------------------------------


DONNY HATHAWAY
Live (1972)

ライブ盤の名盤。ニューソウルのハサウェイ。
カバー曲の選曲、観客との大合唱、名演奏です。
--------------------------------------------------------------------------------


DOUG SAHM
Juke Box Music (1989)

名盤です。ブルーズ、R&Bのカバー・アルバム。テックス・メックスの王者の貫禄。
すばらしく好きです。・・・・好きなものが多すぎですね。
LAST REAL BLUES BANDのライブ盤と、エイモス・ギャレットとの日本ライブ盤も必聴。  
--------------------------------------------------------------------------------


THE METERS
Funkify Your Life: The Meters Anthology(1969〜)  

ニューオリンズ・ファンクの代表ミーターズ。
この2枚組のベストがあればだいたいの時代の音が把握できておすすめです。
初期のシンスト、後期のヴォーカル入りファンク、どっちも最高!
--------------------------------------------------------------------------------


THE METERS
Live on the Queen Mary (1975)

ポール&リンダ・マッカートニーの主宰する船上パーティの伝説のライヴ。セカンド・ライン・ファンク炸裂。
シリルのマイクがオフぎみなのが残念だがウネリがもの凄い!今はジャケが変更され発売されている。
--------------------------------------------------------------------------------


NEVILLE BROTHERS
Live at Tipitina's 1982 (1982)

ミーターズを解散したアートとシリルがアーロンとチャールズと共にネヴィルズを結成。(みんな兄弟)
最強のライブ・バンド。  
--------------------------------------------------------------------------------


ALLEN TOUSSAINT
Southern Nights (1975)

ニューオリンズR&B、最高のアルバム。
バックの演奏はミーターズ。実に心地良い。  
--------------------------------------------------------------------------------


JAMIROQUAI
The Return of the Space Cowboy (1994)

ボーカルJayがすばらしい歌唱力でファンキーに歌う。はじめは白人とは思わなかった。
ファンキーなアルバムということで、「Kids」がおすすめ曲。
--------------------------------------------------------------------------------


G.LOVE & SPECIAL SAUCE
G. Love & Special Sauce (1994)

このコーナーにいれてもいいかぁ〜?
とても聴きやすいヒップホップなブルース・フィーリングでファンキーなロックンロール。
 --------------------------------------------------------------------------------





(30代中頃) JAZZ
ついにジャズでも聴いてみるかぁ〜っとマイルスを
買った。めっちゃはまったのです。ジャジーな世界。


MILES DAVIS
'Round About Midnight (1956)

初めて買ったジャズのアルバム。「'Round Midnight」など名演奏が聴けます。
ジョン・コルトレーンも参加。ジャズ入門にぴったりだったアルバムですね。
--------------------------------------------------------------------------------
MILES DAVIS
Relaxin' (1956)



すばらしい、マラソン・セッションの4枚のうちの1枚。とっても聴きやすいモダンジャズがはいっています。
プレスティッジからコロンビアに移籍するにあたって4枚アルバムを出すことを約束し、1957年「クッキン」、
1958年3月に「リラクシン」をリリース。「ワーキン」を1960年2月に、最後の「スティーミン」を1961年9月に。
--------------------------------------------------------------------------------


JOHN COLTRANE
Blue Train (1957)

コルトレーン、唯一のブルーノート作品。ジャズである。なんともいいモダン・ジャズ。
とにかく聴いてくださいな。
--------------------------------------------------------------------------------
MILES DAVIS
Milestones (1958)

このアルバムのなかの「Milestones」を高校生の時、ジャズの流れる喫茶店でよく聴いていた。
後からマイルスの曲とわかったのですが、18歳のぼくでもかっこいい曲だなぁ〜って思っていた。
「Billy Boy」はマイルスがいないがかわいらしい曲。通して聴いても飽きないアルバム。

--------------------------------------------------------------------------------
MILES DAVIS
Kind of Blue (1959)

モード・ジャズというもの。らしい。
そのへんは素人のぼくにはよくわからないが、このアルバム、お洒落である。
なんか違うのです。
それがモード奏法ってやつ。「So What」からやられっぱなし!
--------------------------------------------------------------------------------
MILES DAVIS
The Complete Live at the Plugged Nickel 1965 (1965)

ウエイン・ショーター、ハービー・ハンコック、ロン・カーター、トニー・ウィリアムス対マイルス。
コンプリート・ライブ。アコースティックの時代の強烈な8枚組み。
落ち着いて聴いてる場合ではない・・・すごい。
--------------------------------------------------------------------------------
MILES DAVIS
Nefertiti (1967)

「Nefertiti」の繰り返しメロディがなんとも言えずかっこいい。
アドリブがはいらない!アコースティック時代の名盤。
--------------------------------------------------------------------------------


MILES DAVIS
1969 Miles (1969)

うひゃ〜エレクトリックになったマイルス。この時代のライブはまだジャズの曲を演奏している。
強烈な「マイルストーン」「ラウンド・アバウト・ミッドナイト」・・・・すさまじい・・・・
--------------------------------------------------------------------------------


MILES DAVIS
Bitches Brew (1970)

ぎょ!なんなんだ〜噂ではきいてたが、マジに聴くとびっくり。
エレクトリックなマイルスである。フュージョンの元祖と言われるが超ヘビィ。
あらたなマイルスのはじまり。
--------------------------------------------------------------------------------


MILES DAVIS
A Tribute to Jack Johnson (1970)

エレクトリックになったマイルスでかっこいいなぁ〜って聴けるアルバム。
ジョン・マクラフリンのギターがペケペケでなんだかなぁ〜って今の時代には思っちゃうが、
このギターがいいんだな、これが・・・・・
--------------------------------------------------------------------------------


MILES DAVIS
We Want Miles (1981)

復活マイルスのニューヨークと東京でのライブを編集したもの。
くぅ〜。マーカス・ミラーにマイクスターン。ドラムのアルフォスター。かっこいい〜!
--------------------------------------------------------------------------------


MILES DAVIS
Doo-Bop (1992)

マイルスの死後リリース。何と、90年代のヒップホップである。
ジャズなんて古臭くてやってらんね〜みたいな。マイルスの笑いが聴こえてきそう。
数ヶ月前にはマイルスバンド卒業生をフランスに集め、昔の曲(ジャズ)を演奏し、
おどろかせたのに、このアルバムはもっと驚いた!
--------------------------------------------------------------------------------


JOHN COLTRANE
My Favorite Things (1961)

マイルス・グループから抜け、マッコイ・タイナー、エルヴィン・ジョーンズらとこのアルバムを造った。
ソプラノサックスを吹く「My Favorite Things」がなんともいい。
--------------------------------------------------------------------------------


THELONIOUS MONK
Misterioso (1958)

モンクのアルバムはどれを聴いても、変である。(笑)
ジャケットがモンクっぽいのでこのアルバムを選びましたが、いっぱい奇妙なジャズのアルバムがあります。
ていうかこんなフレーズ誰にもマネできないモンク節。楽しいです。
マイルスとのケンカセッションと俗に言われるアルバムも楽しい!
--------------------------------------------------------------------------------


CHICK COREA
Akoustic Band (1989)

チックのアコースティックものもかっこいいものが多い。
ベース、ジョン・パティトゥッチ、ドラムス、デイブ・ウエックルってメンバー。
賛否両論だが、激しくかっこいいのでぼくは好きだね〜ライブ盤もいい。
--------------------------------------------------------------------------------


KEITH JARRETT
At the Blue Note: June 4th, 1994 (1994)

ソロ・ピアノや、トリオ、数あるアルバム。
例の鼻歌がうるさい感のあるライブ盤が多いが、このレコーディングは聴きやすいほうではないかな。
すばらしい演奏のトリオ。・・・・
「Standards Live/星影のステラ」「Standards,Vol.1/スタンダーズVol.1」「Still Live/枯葉」
などなどどれも素晴らしい。鼻歌は強烈ですが・・・・
--------------------------------------------------------------------------------


Art Blakey
Au Club Saint-Germain, Vols. 1-3 (1958)

凄く楽しいライブ・アルバム。「Moanin' With Hazel」他、名曲、名演。
数あるライブの中でもビカイチ!
--------------------------------------------------------------------------------


SONNY ROLLINS
Saxophone Colossus (1956)

名演、名曲がつまっている、とっても聴きやすいロリンズのアルバム。
数あるアルパムの中でもダントツに楽しい。
--------------------------------------------------------------------------------


SONNY CLARK
Cool Struttin' (1958)

ブルー・ノートのジャケットも有名なアルバム。
ハード・バップな世界、日本でかなり愛されている。たしかに聴きやすく楽しく、素晴らしい。
--------------------------------------------------------------------------------


DAVE BRUBECK
Time Out (1959)

これも日本人の大好きなアルバム。変拍子ジャズです。
「TAKE FIVE」が超有名曲。  
--------------------------------------------------------------------------------


BILL EVANS
Waltz for Debby (1961)

このピアノ・トリオの演奏はロマンチックですね〜。
女性に圧倒的にファンの多いビル・エバンス。ラファロのベースもすばらしい。心がおちつきます。1961年。
--------------------------------------------------------------------------------


LEE MORGAN
The Sidewinder (1963)

当時ジャズ・ロックといわれた「Sidewinder」。
楽しい感じで8ビートポップで少しファンキーなこの曲。いまではロックには聴こえないけどね。かなり売れたらしい。
--------------------------------------------------------------------------------


CANNONBALL ADDERLEY
mercy mercy mercy ! (1966)

楽しく乗りのいいライブアルバム。ファンキーなのり。
観客の盛り上がり。最高。超お薦めライブ!!!!!!!!
後にウェザー・リポートを結成するジョー・ザビヌルがエレクトリック・ビアノ。
--------------------------------------------------------------------------------


LOU DONALDSON
Alligator Bogaloo (1967)

ルー・ドナルドソンはアルト・サックスで長年ブルーノートにアルバムを残している。
リー・モーガンのジャズ・ロックの売れた後、それ以来「Alligator Boogaloo」ヒット。
R&B的でソウルフルジャズ。
ジョージ・ベンソンがギター、ロニー・スミスのオルガンがグルーヴィー。
--------------------------------------------------------------------------------


KENNY DREW
Dark Beauty (1974)

やたらきこえてくるドラムがかっこいい。このピアノ・トリオの演奏のとりこになりました。
日本を愛するケニーは名盤がいっぱいあります。
--------------------------------------------------------------------------------


WES MONTGOMERY
Smokin' at the Half Note Vol.2 (1965)

ギタリストのジャズでお気に入りが多いが、一番はウェスのこのアルバム。
ウィントン・ケリートリオとのライブ。
「インプレッションズ」「ミスティ」などVOL.1に入っていない曲が強烈にかっこいい。
--------------------------------------------------------------------------------


RON CARTER
Third Plane (1977)


ハービーハンコック名義のトリオ'77 セッションと同時に、ロンカーター名義として同じメンバーで行われた録音。
ピアノトリオで聴く「Lawra」がお気に入り。かっこいい〜!
地味なアルバムかもですが、大好きです。よく聴いたなぁ〜。
--------------------------------------------------------------------------------


V.S.O.P.
Live Under the Sky (1979)

ハービー・ハンコックのVSOPクインテットの日本公演ライブアルバム。
マイルス・クインテットの再演。音の洪水だー。す、すごい。の一言。

ロン・カーターとトニー・ウィリアムスのリズム隊がやりすぎぐらい激しい、落ち着いて聴いてられない!
が、こんな演奏、他にはないぐらい強烈!ペットはフレディ・ハバート。
ハービーとウェインのアンコールも何とも言えず、ああ、この映像が観てみたい。
--------------------------------------------------------------------------------


JOSHUA REDMAN
Freedom in the Groove (1996)


このアルバムはグループとしてまとまり、そしてオリジナルの曲もよくジョシュアのサックスもよいです。
当時の若手のなかでぴかいちに輝いてました。  
--------------------------------------------------------------------------------


McCOY TYNER
Prelude and Sonata (1994)


マッコイ・タイナー・スーパー・グループのアルバム。
SAXはジョシュア・レッドマン、BASSはクリスチャン・マクブライド。
そして例のマッコイのピアノ。うーん、カンペキ。 
--------------------------------------------------------------------------------


McCOY TYNER
Infinity (1995)


マッコイ・タイナー・トリオにマイケル・ブレッカーがゲスト参加したアルバム。
とてもかっこいい、いいアルバムに仕上がってます。
--------------------------------------------------------------------------------


WEATHER REPORT
8:30 (1979)


ウェザー・リポートの傑作ライブ。ブンブンとうねるジャコのベースにはまるなー。
ショーター、ザヴィヌル、みんなわるいわけがありません。最高 !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
--------------------------------------------------------------------------------


JACO PASTORIUS
Word of Mouth (1981)


このエレキ・フレットレス・ベースはすごね。
いろんな要素の曲がつまってます。音楽的にはバラバラ。入門にはファーストのほうがいいかな?
ジャコのアルバムで一番すごい〜って感じ。ハービー・ハンコック、ウェイン・ショーター等が参加。
--------------------------------------------------------------------------------


JACK DEJOHNETT
Parallel Realities (1990)


デジョネットとパット・メセニーが曲を作り、ハービー・ハンコックがソロをのせるというアイディアで作られたアルバム。
なんて豪華な競演。新しい形のジャズとされている。
ライヴではベースにデイヴ・ホランド、(納得)ツアーも行われた。
--------------------------------------------------------------------------------


PAT METHENY GROUP
We Live Here (1994)


ギタリスト、パット・メセニーのグループが完璧なアンサンブルで聴かす最高のアルバムだ。
現代のテクノロジーを使いブラジリアンな楽曲。
「TO THE END OF THE WORLD」のギター・シンセサイザー・ソロがかつこいい。
--------------------------------------------------------------------------------


WAYNE SHORTER
High Life (1995)


賛否両論のこのアルバム。ぼくは好きですね〜
不思議なエレクトリック。マーカスミラーのプロデュース、なるほどね。
--------------------------------------------------------------------------------


ORNETTE COLEMAN
Dancing In Your Head (1976)


なんなんだ〜!!!!!!これはすごい。頭がおかしくなりそう。かな?
オーネットのフレーズは楽しく明るい感じの繰り返しのメロディ。
しかしバックのドラムやギターがどうしても、はちゃめちゃで笑いがおこる。
驚異のサウンドである。おすすめしてもいいのだろうか?
ぼくは買ったとき一回聴いてから15年ぐらい聴くことがなかった(笑)
--------------------------------------------------------------------------------


MICHAEL BRECKER
Tales from the Hudson (1996)


豪華メンバーにかこまれていきいきとサックスを吹いてるなぁ。
やっぱりパット・メセニーのサポートギターがいいですね。
「ソング・フォー・ビルバオ」のギター・シンセがとってもグッド。  
--------------------------------------------------------------------------------


HERBIE HANCOCK
The New Standard (1996)

数がありすぎです。ハービーの名盤。
そのなかでもリアルにヒットを体験した。ニュー・スタンダード。
ポップロックなどをスタンダードとしてカバー。
たしかにかっこいい。



--------------------------------------------------------------------------------


ジャズも人それぞれ名盤がたくさんあります。
みなさんのジャズを聴くきっかけになればと思います。
よい演奏を見つけてくださいね。


(30代後半) IRISH MUSIC
ドラフトギネス導入。
と同時にアイリッシュ・ミュージックに。

POGUES
The Ultimate Collection (〜2001)  

SKIPPER'Sで一番リクエストの多いアイリッシュ、ポーグス。
シェインのよれよれ感が最高にパンクですね〜。
かっこいい。DISC2は2001年のリユニオン・ライブ。乗り乗りお薦めのベスト。 
--------------------------------------------------------------------------------
WATERBOYS
Fisherman's Blues (1988)  




アイリッシュ音楽に影響を受けたのが前面に押し出した作品。アイリッシュ・ロックンロール・サウンド。
Mike Scott はスコティッシュだけどね。
--------------------------------------------------------------------------------
DERVISH
Live in Palma (1997)  

 もうまいりました。このライブ。ドラマーがいないのに、このインストの勢いったら・・・すごい。
あいだのMCはだるいが驚異的な演奏力。スペインの観衆が大合唱するのは感動的。
早すぎて落ち着かない感もあるがプログレ並にすげー!!!!。
--------------------------------------------------------------------------------
DERVISH
Travelling Show (2008)  

メンバーが増えたと思ったら6人組みに落ち着きました。
わたくしが最初に聴いてかっこいいと思ったアイリッシュがダービッシュ。
キャシーの本当に民謡っぽいヴォーカルもよしです。傑作(7th)!初回に付いていたDVDのライブも美しい。
--------------------------------------------------------------------------------
THE CORRS
Home (2005)

アイリッシュ・ポップ・ロック・バンドのコアーズがアイルランドの民謡や伝統にスポットをあてた
カバー・アルバム。
今までのアルバムよりしっとりしています。
--------------------------------------------------------------------------------
THE CHIEFTAINS
The Chieftains 7 (1977)

これこそアイリッシュ・トラディショナル・ミュージック。
--------------------------------------------------------------------------------
 

THE CHIEFTAINS
Fire in the Kitchen (1998)

カナダのミュージシャンとセッションしたアルバム。
若々しい勢いのあるトラッドに仕上がってます。
うきうきわくわく楽しい♪
--------------------------------------------------------------------------------
THE CHIEFTAINS
Another Country (1992)

今度はアメリカのカントリー・ミュージシャンとアイリッシュの合体。第二弾もあります。
チーフタンズって意欲的なおっさん達です。
すごい。たのしー。
--------------------------------------------------------------------------------
SOLAS
The Words That Remain (1998)

ソーラスのアルバムのなかで一番好きですね。カランはこのあと脱退。
リーダーのシーマスががんばってます。
疾走感のある若々しいアイリッシュ・フォーク・ロックってな感じかな?
--------------------------------------------------------------------------------
SEAMUS EGAN
When Juniper Sleeps (1996)

ソーラスのリーダー、シーマスのソロ。これはいいですよ。
聴きやすく、無茶苦茶アイリッシュというわけでなく。心地よい。
--------------------------------------------------------------------------------
KARAN CASEY
Songlines (1997)

ソーラス時代に作った1STソロ。いい歌声ですね。
静かでおちつきます。
--------------------------------------------------------------------------------
SOLAS
Reunion: A Decade of Solas (2006)

ニューヨークのアメリカン・アイリッシュ・バンド、ソーラスの10周年記念の同窓会コンサート、
歴代のメンバーとバックバンドが名演をくりひろげる。
DVDを観ると、やっぱシーマスのマルチ・プレーは凄い。
そして、やっぱりカランのヴォーカルがすきだなぁ。
--------------------------------------------------------------------------------
ALTAN
The Blue Idol (2002)

なんとアルタン、スキッパーズに来店してくれた事があるんですよ。
そのころアルタンの事まったく知らなくて・・・このアルバムは最近のなかで得にお気に入りです。
ヴォーカルとインストゥルメンタルがいいぐわいにバランスがとれてると思います。  
--------------------------------------------------------------------------------
ANAM
Riptide (1998)

このグループにはびっくり。トラデッショナルのインストもヴォーカルものもすごく聴きやすい。
普通〜にポップス。そのふつうがとってもよい。大好きです。全曲O.K。  
--------------------------------------------------------------------------------
ENYA
Paint the Sky with Stars: The Best of Enya (1997)

ご存知エンヤのベスト。
幻想的なケルト、クラシックな要素。
元祖?癒やし系ですな。
--------------------------------------------------------------------------------
CLANNAD
The Best of Clannad: In a Lifetime (2004)

 エンヤの姉モイヤがvo。エンヤも在籍していたことがある。
同じく幻想的なサウンドとポップなサウンドとアイリッシュミュージック。
いろんな要素、ボーノとのデョエットした1曲目がいいね。。  
--------------------------------------------------------------------------------
LUNASA
Redwood (2003)

 アイリッシュ・トラディショナル・ミュージックを勢いのある演奏でぐいぐいせまるサウンド。
ん・・・・?なにか他のグループと感じが違うぞ。・・・
それはウッドベース奏者がいるからであ〜る。・・・・と思います。
--------------------------------------------------------------------------------
DONAL LUNNY
Journey: The Best of Donal Lunny (2001)

 アイルランド伝統の音楽の軌跡。ドーナル・ラニーの関わった歴史的ベスト。
プランクシティー、ボシー・バンド、クールフィン・・・・ほんとにかっこいいなぁ。
--------------------------------------------------------------------------------
BOTHY BAND
BBC Radio One: The Bothy Band Live In Concert (1976 & 1978 )

ボシー・バンドのBBCライブ。イーリアン・パイブっていい音がするなぁ。
--------------------------------------------------------------------------------
SHARON SHANNON
The Spellbound: The Best of Sharon Shannon (1995〜1999)

アイルランドを代表するアコーディオン奏者。
ケルト、レゲエ、ロックといろんな要素がつまった楽しいベスト盤です。  
--------------------------------------------------------------------------------
FOUR MEN AND A DOG
Maybe Tonight (2002)

トラッド、ロック、カントリー・・・・・いろいろあります。
とっても明るくたのしい。うきうきです。
--------------------------------------------------------------------------------
ASHLEY MACISAAC
Ashley Macisaac (2003)

 スコットランド移民文化が伝統的に受け継がれるカナダ最東端、ケイプ・ブレトン島の出身。
ケルティックをベースに、ロック、フォーク、パンクなどを融合させた独自なスタイルとエネルギッシュでパワフルなプレイ、
クレイジーなパフォーマンスで有名なフィドル・プレイヤー。
ウイングスの「マル・オブ・キンタイア (夢の旅人)」 のカバーがいいですね〜。  


--------------------------------------------------------------------------------
ASHLEY MACISAAC
Hi How Are You Today? (1996)

これも同じく、カナダ出身の歌って踊るフィドル・プレイヤー!
このファーストはケルト音楽にロック、パンク、ブルース、フォークなどを混ぜたミクスチャー・ケルティック・アルパム。
なんじゃこりゃー!

(40代前半)WOMAN VOCAL
女性ヴォーカルのお気に入りです。

ALL ABOUT EVE
Acoustic Nights (2000)

2000年にでた2枚組のアコースティック・ライブ。ドラムレスのトリオでの演奏がAAEの歌にばっちり。
ジュリアンヌ・リーガンのVoがこのイギリスならではの暗い雰囲気にマッチして最高のアンプラグド・ライブです。
ちなみに「fairy light night vo.1 ,vo.2」とジャケ違い、同内容です。


--------------------------------------------------------------------------------
ALL ABOUT EVE
Keepsakes (〜2006)

 2枚組みのベストにビデオ・クリップのDVD付き。
4枚目のアルバムの曲と新録は正直?だがジュリアンヌ・リーガンの声と映像に大感動 !!!!!!!!!!!!
--------------------------------------------------------------------------------
EVERYTHING BUT THE GIRL
Acoustic (1992)

シンプル、メロウ。いいですね〜。
どのアルバムもいいですがこのアコースティック・アルバム大好きです。
「タイム・アフター・タイム」はシンディ・ローパーのカヴァーです。
--------------------------------------------------------------------------------
THE CORRS
Forgiven, Not Forgotten (1995)

コアー4兄妹の1ST。
アイリッシュ・ミュージックの影響がとてもよい、アイリッシュ・ポップ・ロック・
日本にもファンが多いです。
「RUNAWAY」はいい曲だなぁ〜。感動!!
--------------------------------------------------------------------------------
NORAH JONES
Come Away with Me (2002)

いわずとしれたノラ・ジョーンズ。おちつきますなぁ。
ラヴィ・シャンカールの娘と知ってぴっくり。  
--------------------------------------------------------------------------------
BLUE
Once Blue (1995)

レヴェッカ・マーティンのヴォーカルがいいですね。
ジャジィーなサウンド。ワンス・ブルー、唯一のアルバム。  
--------------------------------------------------------------------------------
THE SUNDAYS
Reading, Writing and Arithmetic (1990)

イギリスの80年代女性voグループTHE SUNDAYS。
これはファースト。最初はどの曲も同じ感じに聴こえるんだけど、不思議な魅力があります。
セカンド、サードと曲の輪郭がはっきりしてきます。・・・・・でもこのファーストが一番好きですね。
このバンドはジャケットで損してる気がします。セカンドのジャケはこ、こわい・・・・  
--------------------------------------------------------------------------------
FAIRGROUND ATTRACTION
The First of a Million Kisses   (1988)

いろんな人のバックヴォーカルを担当してきたエディが作ったグループの1st。
センスのいいお洒落なポップス。「Smile in a Whisper」「Perfect」・・・いいですね〜。
--------------------------------------------------------------------------------
EDDI READER
Angels & Electricity   (1999)

エディの歌声がいいですね〜「カイトフライヤーズ・ヒル」など好きな曲多し。
フェアグラウンド・アトラクションを解散後のファーストも!  
--------------------------------------------------------------------------------
EDDI READER
Simple Soul   (2001)

 心地よいですね〜。シンプルソウル・・・・そのとうり落ち着いて聴ける優しいアルバム。
--------------------------------------------------------------------------------
CAROLE KING
Tapestry  (1971)

邦題「つづれおり」、超有名アルバム。。
「ウィル・ユー・スティル・ラブ・ミー・ツモロー」「イツ・ツー・レイツ」「アイ・フィール・ジ・アース・ムーブ」などのヒット。
名盤です。
--------------------------------------------------------------------------------
RICKIE LEE JONES
Rickie Lee Jones  (1979)

独特のかわいらしい声。おしゃれなミュージック。「恋するチャック」大ヒット。
バックメンバーがすごい。
Dr. John、Michael McDonald、Randy Newman、Steve Gadd、Jeff Porcaro・・・・・・
--------------------------------------------------------------------------------
LAURA NYRO
The First Songs  (1973)

このファーストが彼女のアルバムのなかで一番。
聴きやすいポップソング。
この後の暗くジャジ〜なアルバムもきらいじゃないけど・・・ね。  
--------------------------------------------------------------------------------
COCTEAU TWINS
Heaven or Las Vegas (1990)

4ADのグループ1984年に名盤「Treasure」を聴いてこの不思議な音の世界にはまってました。
エリザベス・フレイザーのヴォーカルがとても幻想的。
「Head over Heels」(1983年)「Blue Bell Knoll 」(1988年) 「Heaven or Las Vegas 」(1990年)をまとめ買い!
--------------------------------------------------------------------------------

Cocco
Rapunzel   (2000)

すばらしい。歌、バックの演奏、インパクト、歌詞がすご〜!
--------------------------------------------------------------------------------
the brilliant green
Bye Bye Mr. Mug & goodbye and good luck  (2000)
 
1997年に発表された全英詩マキシシングル2枚。全8曲。イギリスのバンドのようなサウンド。
このあと日本語歌詞の曲やアルバムで大ヒットしたが、この初期の英語曲8曲が好きてす。
--------------------------------------------------------------------------------
Rumania Montevideo
rumania mania (1999)

 たまたま『ミュージックステーション』(1999年5月7日放送)に女性がドラムを叩きながら歌うグループを見た。
衝撃でした。かっこいい〜。
レンタル屋でCDを借りMDに落として聴いたなぁ〜なつかしい。
歌もあんまり上手くないしプロデュースも今一の感じがするファーストですが、気に入ってました。
やっぱり1曲目のインストから『still for your love』のながれが最高にかっこいい。
--------------------------------------------------------------------------------
ジギタリス(digitalis)
SYZYGIA (2007)

 ふと、見たPV「ヘキサグラム」。なんか後日気になってまた視聴。う〜ん。
不思議な世界。日本のグループです。
ケイト・ブッシュやコクトー・ツインズなんかに似た雰囲気。
結局アルバム買って不思議な世界にどっぷりつかって聴いてます。
--------------------------------------------------------------------------------

PUFFY
Bring it! (2009)

PUFFYの10周年記念ライブをBSで見て、大ファンになってしまいました。
うまくないとかそんな事は、どうでもよくて、なんか大好きですなぁ。
おまけに「Hi!Hi! Puffy AmiYumi ROCK SHOW***GO WEST!! 2005」のDVDが付いていて
なかなかよろしい!
--------------------------------------------------------------------------------

(40代前半〜)
ロックいろいろ

TEARS FOR FEARS
Everybody Loves a Happy Ending (2004)

まったく興味がなくなっていたので、気にもしなかったのに、ちょっと調べてみると、
2004年にローランド1人になっていたグループに
カートがもどって、アルバムもでてた。ところどころにビートルズ、ピンク・フロイド、
ベン・フォールズ・ファイヴ、ジャック・ジョンソン・・・・・
などいろんなバンドを混ぜた様な音。これが結構、はまりました。
「シャウト」が好きだった80年代の音と違い、これは久々のヒットです。  
--------------------------------------------------------------------------------
MAE
Everglow (2005)

ピアノとギターがメロディックなロック。メイと読みます。お気に入りで全アルバム聴きました。
三部作のラスト「イヴニング」で解散してしまいました。(2011)
このアルバムはセカンド。
--------------------------------------------------------------------------------
KIINO
Picture (2005)

プログレ界のベテラン達が作ったバンドKINO。ポップでハードでプログレッシヴな聴きやすいロック。
ヴォーカル、ギターのジョン・ミッチェルはfrost*でも大活躍。
--------------------------------------------------------------------------------

FROST*
Milliontown  (2006)

KINO,IT BITESのジョン・ミッチェル参加、ジェム・ゴールディをリーダーにFROST*のファースト。
1曲目の「Hyperventilate」からやられました。現代プログレの最高作だと思う。
ジェネシスの「静寂の嵐」が好きな人は「Milliontown」を聴いたらにんまりするはず。超おすすめ〜!
--------------------------------------------------------------------------------
VHS OR BETA
Bring on the Comets (2006)

VHS OR BETAってなビデオ・テープの名前がグループ名。
たまたま聴いたこの音楽、最初、キュアーだと思った。
サウンドは懐かしい80年代の香り。ギターのカッティッングなんかデュラン・デュラン。
アジア系の感じなヴォーカルくんの声が本当にロバート・スミスにそっくり。
なんかとても楽しくなりました。このアルバムはセカンド。
--------------------------------------------------------------------------------
COSMO
Alien (2006)

BOSTONを脱退したフランとアンソニー親子が結成したCOSMOのファーストアルバム。
「Corporate America」のアンソニーが作った曲と
似た感じ。・・・しかしやっぱ、トムのギターサウンドがないので寂しいなぁって思っちゃう。違うグループなの
にね〜
普通のハード・ポップより凝ってるかな?
--------------------------------------------------------------------------------
SUEMITSU & THE SUEMITH
The Piano It's Me  (2007)

まったく知らなかった日本のアーティストですが、教えてもらい、ネット上で聴きました。
これはすごい。いろんな音楽からインスパイアされ、アレンジがすばらしい曲の数々!!お気に入りですね〜。

--------------------------------------------------------------------------------
HEATWAVE
land of music (2007)

初期のころからお店に来てくれている山口洋さん。お気に入りです。すばらしい。
「ガールフレンド」のバックvoは矢井田瞳。アイリッシュ・フレーバーの「出発の歌」が大好きです。
--------------------------------------------------------------------------------
TRAVIS
The Boy with No Name (2007)

このサウンドはいいですね〜
とっても聴きやすくぼくの好みにばっちりです。イギリスっぽさがとってもいい。  
--------------------------------------------------------------------------------
RUSH
Snakes & Arrows (2007)

個人的に久々に聴いたRUSH。RUSHぶしが炸裂してますね〜。
期待したなかっただけに思ってたより素晴らしい。!!  
--------------------------------------------------------------------------------
MARILLION
Somewhere Else (2007)

フィッシュが脱退しスティーヴ・ホガースに代わってからずいぶんたちますが、
どのアルバムもポップでドラマティックで安定してよいのです。
マリリオンならではの美しいサウンド。ブリティッシュ・ロック。
--------------------------------------------------------------------------------

NIK KERSHAW
You've Got to Laugh (2008)

久々に聴いたニック・カーショウ。これはいい曲だらけ。メロディがいいね、
--------------------------------------------------------------------------------
TY TABOR
Balance (2008)

KINGS Xのギタリストのソロ。数あるソロプロジェクトのなかで一番お気に入り。1曲目がかっこいい。
--------------------------------------------------------------------------------

COLDPLAY
Viva La Vida (2008)

このイギリスのバンドにははまりました。
アルバム全部揃えたし、ライヴ映像も集めたな。すばらしい。
--------------------------------------------------------------------------------
JOURNEY
Revelation (2008)

Arnel Pinedaをヴォーカリストに迎えた、2枚組ニューアルバム。
ディスク1には久々のインストも含む新曲11曲を収録。
ディスク2には新体制によるセルフ・カヴァー11曲を収録しています。
おまけについてたDVDライブに超感動。
アーネルくんの声はスティーヴ・ペリーにそっくりで、オージェリーよりパワフル。
--------------------------------------------------------------------------------
BOB DYLAN
Together Through Life (2009)

ボブ・ディランの渋〜いロックンロール・アルバム。
最近はフォークの神様ではなく、ディランはブルース、ロックンロールの人。
--------------------------------------------------------------------------------
KEITH EMERSON
keith emerson band featuring marc bonilla (2009)

このアルバムは久々のヒットですね〜。
マーク・ボニーラがすごくいいし、キースも良い時代のE.L&Pみたいです。
--------------------------------------------------------------------------------
TRANSATLANTIC
The Whirlwind (2009)

2000年代のプログレバンドから4人が集まって結成したプロジェクトバンドの3枚目。
1曲77分という大作に圧倒される。
ライヴ映像も見たが完璧です。
--------------------------------------------------------------------------------

BRUCE COCKBURN
Slice O Life: Bruce Cockburn Live Solo (2009)


昔から好きなんだよね〜キャリア40年,64歳(2009)
2008年5月の北米ツアーよりの2枚組み。
弾き語りライヴ・ソロ・アルバム。 いや〜渋い。
超くらい曲もあるが・・・おすすめのシンガー・ソング・ライター。
--------------------------------------------------------------------------------
VALENSIA
GAIA U  (2000)


後追いで聴きましたが、なんだこりゃ〜初期クイーンにそっくり!
一曲目はクイーンUで聞き覚えが、五曲目は、「キラー・クイーン」にそっくり。
とどめは 「Phantom of the Opera」!「ボヘミアン・ラプソディ」そっくり。!
ビートルズ、クイーン、ケイト・ブッシュ、デュラン・デュランと聴いていったらしい。
いいとこどりで初期クイーンファンに楽しめるアルバムです。
あとファーストの「GAIA(1994)」、「QUEEN TRIBUTE (2003)」も結構たのしめるアルバムです。
Robby Valentineとのプロジェクト V(Valensia/Valentine)や弟 David とのプロジェクト
METAL MAJESTYも、どっかで聴いたことがある、おもしろい!結局全アルバムを集めました。

--------------------------------------------------------------------------------
BUGGLES
Adventures in Modern Recording (1981)

今ごろになってやっと聴くことができました。
バグルズのセカンド。ファーストのサウンドとイエスのドラマが混ざった感じ。
音はピコピコだが、イエスの90125(プロディース、トレヴァー・ホーン)のサウンドに近いものもある。
さすが、トレヴァー・ホーン。

--------------------------------------------------------------------------------
OK GO
Of  The Blue Colour Of The Sky (2010)

プロモーションビデオがとっても楽しいOK GO。 音楽的にも面白い。
--------------------------------------------------------------------------------
YES  
Fly from Here (2010)

YESです。ジョンアンダーソンがいないけど。
そっくりさんがヴォーカルですがトレバーホーンの声にも似てる。
「ドラマ」のころのYESにもどった感じ。インパクトはないけどけっこう好きです。
--------------------------------------------------------------------------------
WHITESNAKE  
Forevermore (2011)

なかなかブルージーな力作ハードロック。これはかっこいい。
ジャパンツアーで岡山市民会館に見に行きました。結構よかったな。60歳越え
のデヴィカバのヴォーカルもなんとかがんばってたな。
--------------------------------------------------------------------------------
JACK'S MANNEQUIN  
People & Things (2011)

サムシング・コーポレイトのアンドリューのプロジェクトの第三弾。
曲のできあがりもいちばんまとまって良質なポップロックアルバム。
--------------------------------------------------------------------------------
MICHAEL SCHENKER  
Temple of Rock (2011)

久々に気に入ったマイケルのソロ。マイケル・ヴォスのヴォーカルが個性的ですきです。
よく聴いたな。ロビンがヴォーカルの曲もいいね。
次のアルバムがこのアルバムで1曲歌っているドゥギーホワイトになってしまった。なんか残念。
--------------------------------------------------------------------------------

SEVENTH WONDER  
The Great Escape (2011)

スウェーデンのプログレメタルバンドの4枚目。ドラマティックでメロディアス。
とても聴きやすい。バラードもなかなか。昔のヨーロッパを思い出す。
--------------------------------------------------------------------------------
LINKIN PARK  
FLiving Things (2012)

ファーストから全部聴いた。はじめてのミクスチャーロック。
こういうヘビーさもなんとか聴いてます。車で聴くのがいいね。かっこいい。
--------------------------------------------------------------------------------
SCRIPT  
No.3 (2012)

U2についでアイルランドで有名なグループらしい。
キャッチーなメロディなかっこいいポップロック。1STも2NDもいいです。
--------------------------------------------------------------------------------

(40代後半〜)
アコースティック・ソロ・ギターにどっぷりつかった
このごろ、ギターを一生懸命コピーしたなぁ。
押尾コータロー 
Dramatic (2010)

やっぱりこの人からはじまった。いろんなオープンチューニングを始め使用していろいろコピーしたな。
「風の詩」がお気に入り。
--------------------------------------------------------------------------------
岸辺眞明
奇跡の山

オープンD、ダドガドなどいろいろなチューニングが美しいインストアルバム。
--------------------------------------------------------------------------------
わたなべゆう
Letters to  Parents

今では当店ライヴの常連のゆうくん。岡山出身。むかし通販で買ったアルバム。
YKO、ガーベラがすきでコピーしたなぁ。
--------------------------------------------------------------------------------
伍々慧
SONGS IN POCKET (2011)


「Sailing」を初めて聴いてお気に入りになったアルバム。お気に入りの曲多し。超おすすめ。
--------------------------------------------------------------------------------
伍々慧
Bedtime Story (2013)


フルアルバム2枚目。このCD発表のツアー当店でライヴをしてくれました。
{MY FAVORITE TIME}{TICKET TO STARRY SKY}がとくに好きだなぁ。
--------------------------------------------------------------------------------

井草聖二
KOKORO

楽譜付きだったのでよくコピーしました。いい曲が多いね。
--------------------------------------------------------------------------------
DEPAPEPE
Let's Go !!! (2005)

アコースティック・ギター・デュオ、デパペペのメジャーデビューアルバム。
ノリのいいポップな楽曲、メロディーもいいし爽やかなインストミュージック。
--------------------------------------------------------------------------------
ANDY MCKEE
Joyland (2010)

彼独特なチューニングで弾きまくる。タッピングもすごい。
--------------------------------------------------------------------------------

(50代前半〜)
ロックいろいろ
DEEP PURPLE
LIVE


近年ディープ・パープルのライヴが続々の発表されてて、どれ聴いても懐かしく感動しております。
とくに3期のリッチーのラストライヴ。4期のトミーボーリンのギタープレイ!
ジョンロードのプレイも貴重な音源。
--------------------------------------------------------------------------------

ONE OK ROCK
人生×僕 (2013)

日本のロックバンドに久々にはまった。クォリティがとても高い。
すごいバンドがでてきたもんだ。歌が重視でバンドサウンド完璧。
個人的にはギターソロがまったくないのがさみしい気がいたします。
--------------------------------------------------------------------------------
BOSTON
Life Love & Hope (2013)

11年ぶりのなんと新作。ボストンサウンドがまた聴けるとは。
しかし前作からのリメイクはいらないなぁ。新曲がもう少し聴きたかった。
でもしかし新作を発表してくれたトムに感謝。
--------------------------------------------------------------------------------
FROST*
The Rockfield Files  (2013)

4人にもどってからの久々の新作はファースト、セカンドからの曲のスタジオライヴを録音したもの。
演奏はすばらしいのだが、新曲が2曲しかなく、
前作がライヴアルバムで同じ曲が演奏されているのでもうおなかいっぱいです。
--------------------------------------------------------------------------------
BLACK STAR RIDERS
All Hell Breaks Loose  (2013)

この音にはびっくり!シン・リジィではないか?スコット・ゴーハムよくやった。
これはいいです。シン・リジィ復活。
--------------------------------------------------------------------------------
VANDENBERG'S MOONKINGS
SAME  (2014)

17年ぶりのヴァンデンバーグの復活!とてもかっこいいブルージーなハードロック。良いです。
--------------------------------------------------------------------------------
CALIFOLNIA BREED
SAME  (2014)

なんとグレン・ヒューズがジェイソン・ボーナムとアンドリュー・ワットという22歳のギタリストと
ニューバンド結成!
これもなかなかかっこいい。がんばってほしいね。

--------------------------------------------------------------------------------
YES
Heaven & Earth  (2014)

ジョン・アンダーソンにそっくりのジョン・デイヴィソンをむかえたスタジオアルバム。
インパクトなし、プログレの醍醐味なし、・・・・
しかしイエスなんだよなぁ。なんか聴いてしまう。
--------------------------------------------------------------------------------
UNISONIC
Light of The Dawn  (2014)

やった!あかるいヘビィハードロック。
なんと元HELLOWEENのカイ・ハンセンとマイケル・キスク、元ASIAのマンディ・メイヤーのバンド。
これはセカンド。ファーストよりまとまっていてハードになった。
2曲目の"Your Time Has Come"でやられます。
HELLOWEENを聴いてたころを思いだします。
現在のHELLOWEENやGAMMARAYよりお気に入りです。
--------------------------------------------------------------------------------

NIK KERSHAW
Ei8ht (2012)

2012年にでてたニック・カーショウの8枚目。あいかわらずセンスのいいポップスアルバム。
かわらない歌声、メロディがいい、やっぱいいねニック・カーショウ。
--------------------------------------------------------------------------------
MARILLION
A Sunday Night Above the Rain (2014)

2013年のマリリオンのライヴ。ベテランの域に到達してますな。
大人のプログレッシヴ・ロック、変拍子はまったくでてこないが。。。
特にラストのフイッシュ時代の「ガーデンパーティ」がお気に入り!

--------------------------------------------------------------------------------
ANUBIS GATE
Horizons (2014)

デンマークのプログレメタルバンド。ヴォーカルが替わって2枚目のアルバム。前任のヴォーカルが
好きだったので前作からピンとこなかったが、聴きこむとだんだんはまってきました。
メロディがなかなかはいってこなかったんだけどね。ANUBIS GATEならではのプログレメタル。
--------------------------------------------------------------------------------

ASTRA
Broken Balance (2014)

イタリアのプログレメタルバンド"アストラ"のサード。アメリカのプログレバンドと同名異バンド。
このアルバムが一番メロディアスでキッチーな楽曲。とても爽快なハードロックアルバム。
プログレ感はセカンドアルバムのほうがあったね。
--------------------------------------------------------------------------------
PUSSNBOOTS
No Fools,No Fun (2014)

ノラ・ジョーンズのプロジェクト。女性3人のユニット。カバー曲多し。ゆるゆるのロックが聴ける。
なんかデッドが聴きたくなるなぁ。ほんと落ち着いたロック。
--------------------------------------------------------------------------------
AC/DC
Rock or Bust (2014)

究極のワンパターンブギーハードロックのAC/DCもかなり見た目がおじいちゃん。
でも大好きです。レッツプレイボール!
--------------------------------------------------------------------------------
QUEEN
Live At The Rainbow '74 (2014)

クイーンのブートもいろいろ聴いてきましたが、オフィシャルで'74年のライヴがでました。
いいね〜若々しくとハードでかっこいい。なつかしいし。初期クイーンバンザイ。
--------------------------------------------------------------------------------

BLACK STAR RIDERS
The Killer Instinct(2015)

元シン・リジィのスコット・ゴーハム率いるBSRのセカンド。これといった派手な曲はないけど、
いいなぁ。シン・リジィしてる。お気に入り。
--------------------------------------------------------------------------------
BABYMETAL
Live At Budokan Red Night (2015)

なんていったらいいのか。50代のヘビメタ聴いてた世代のわたくしとしては、これは凄い。
はまりまくりです。
--------------------------------------------------------------------------------
WHITESNAKE
The Purple Album (2015)

2011年にライヴを見たホワイトスネイク。デビカバも声がきびしくなってて、つらそうだったが、
このアルバムも同じ感じ。しかしなかなか個人的には楽しめたな。

--------------------------------------------------------------------------------
ELLEGARDEN
Eleven Fire Crackers (2006)

the HIATUS
Keeper of The Flame (2014)

MONOEYES
A Mirage In The Sun (2015)

最近知ったエルレガーデン。ボーカル&ギターの細美武士の才能の惚れ
エルレ、ザ・ハイエイタス、モノアイズとすべて聴きまくった。どれもクオリティが高い。
すばらしいね。
--------------------------------------------------------------------------------
DEF LEPPARD
Def Leppard (2015)

「アドレナライズ」以来まったく聴いてなかったデフレパード。7年ぶりのニューアルバム。
うん、1曲目からなかなかいいではないか〜。3曲目はクィーンのあの曲に似てて笑える。
「ヒステリア」ほどでまだ聴いてないけどキャッチーでポップなハードロックを久々に聴いたんで
なかなか楽しめた。
-------------------------------------------------------------------------------
KEITH RICHARDS
Crosseyed Heart (2015)

し、しぶい。か、かっこいい。23年ぶりのソロ。すばらしい。不良おやじのロック、ブルース、レゲエ、ソウル
が聴けます。
「グッドナイト・アイリーン」のカバーもうれしい。いいね〜
-------------------------------------------------------------------------------
STEVEN WILSON
Hand,Cannot,Erase (2015)

ポーキュパイン・ツリーのVo.ソロアルバム。2曲目がRUSHのザナトゥーにそっくりなリフに
CSNのようなコーラスがでてきて、にやり。
これが現代プログレらしい。かっこいいからよし。ベースはもとKAJA GOO GOOのニックベッグス。
-------------------------------------------------------------------------------
TRAVIS
Everithing At Once (2016)

トラヴィスはとてもイギリスらしいポップロック。とても聴きよいメロディ。
70年代に感じたベイシティローラーズのニューアルバムを聴いた時と似た感覚。
-------------------------------------------------------------------------------
FROST*
Falling Satellites  (2016)


待ちに待ったニュースタジオアルバム。モダンプログレの最先端 ?
ジェムくんの好きなバンドサウンドの影響が所々に聴けてにやりとしちゃう。。笑
numbersの優れたメロディにやられ。towerblockはジェムくんのプロデュース力炸裂。signsはジョンの
独壇場っていうかKINOの新曲聴いてるよう。lighta outはもろスクリッティポリッティ!笑い。
後半の6曲は32分の組曲。nice day for itはジェネシスのthree sides liveのメドレーを聴いてるよう。
超かっこいい。ファースト以来の感動です。!
--------------------------------------------------------------------------------

まだまだ更新予定。

































a