ユ-ザ-の感想です。

カスタムフィットシューズの使用経験追加報告(1年以上使用して)

以前に、200km程走行してカスタムフィットシューズの使用感を報告したが、その後の経年劣化も含めて報告したい。なお、私の個人的な意見なのでそこをご容赦いただきたい。

 

    新しく感じた事、あれからすぐ感じた事だがクリートのキャッチが良い。

以前使用していた靴より、少しクリートに体重をかけるとはまる。靴底のカーボンの強度が上がっているのでそうなるのではと感じる。ま これはシマノ製品間の感想。

 

    ヒールの支持感が良い。

踵のクッション部分はひっかかりのある素材で猫の舌の様。これで靴下ズレをカバーしているのが良く感じられる。ここはカスタムで自分の踵により合わせる事において評価が高い。私はランニングするがシューズで踵がきちんとホールドされた状態でないとシューズの性能は発揮できないらしい。また 日本人は踵が他の民族より小さく世界展開の有名メーカーの靴ではルーズになるらしい。(このあたりを詳しく知りたい方は、シューズマスター野村氏のブログを閲覧されたし)

 

    整形した型は今の所、型崩れしている感じは受けない。

ただこれは保管、使用状況に大きく左右されると思う。また 私自身の経験としてロードデビューでいきなりこの靴はお勧めしない。理由は、バイクに乗り初めてそれなりの距離をこなせるようになると足は小さくなる。(これは、元がルーズな物を履いていたからとかではなくて)なので、二足目がお勧め。一応 フィッテングは1回はやり直しがきくらしい。

 

    フィッテング時の靴下選びは慎重に

違う薄手だと隙間を感じる事がある、特に土踏まずから足先にかけて。

 

 以上こんな感想です。一つ疑問に感じるのはフィッテング時に、型が整形されるまで立っていること。確かに足に最大の負荷の掛かった状態は立位だけど普通サドルに腰掛けている時間の方が長いし、ダンシングすると足の荷重は立位に近くなるが長時間ではない。つまり 荷重のかかった足の変形を反映しているか?と言う事です。しかし 使用して違和感はないので問題にはならないのでしょう。


戻る