** ゴルゴ13 分析 (第119巻) **



分析の中で、本来の標的以外の殺害については、混乱を避けるために 「射程」「武器」については、分析対象外としています。

第119巻:白龍昇り立つ

タイトル

第119巻:白龍昇り立つ

作品名 398
399
400
・白龍昇り立つ
・間違われた男
・臆病者に死を
総ページ数 256 発行日 01/01/04
裏表紙 表背表紙
話 題 ビッグコミック紙で400話を達成したゴルゴ13SPコミックスでも同時期に通算400話、偶然か必然か。

 

 

 

 

 

 

 


 ・作品名: 白龍昇り立つ 

内 容 軍事力でチベットを弾圧し共産化を推進しようとする中国政府は、阿弥陀仏の生まれ変わりであるパンチェン・ラマとして作り上げたチベットの子供ノプチェを数十年に一度の転生祭で認めさせようとする一方、インドに亡命したダライ・ラマが見出したラモンを収容所に収監してしまう。それを知ったダライ・ラマは、ゴルゴに祭りで騒動を起こすことを依頼する。
標 的 転生祭の柱の紐
依頼人ダライ・ラマ
ギャラ射 程
舞 台チベット武 器アーマライトM16
殺害数4SEX
コマ数617コマ登場数134コマ
ページ121ページ発 表96/05
話 題・ヒマラヤ山脈を越えるラモンに付き添い、護りきるゴルゴ。
・クレバスでビバークさせるラモンに寒さ防止としてニンニクとビタミンEの錠剤を渡すゴルゴ。

戻る








 ・作品名: 間違われた男 

内 容 麻薬組織のボス、ブラッツは、縄張りを荒らし始めたアイスマンの殺害をゴルゴに依頼する。麻薬取引現場で取引相手の目前でのアイスマン殺害を条件とされたゴルゴは・・・
標 的 アイスマン
依頼人ブラッツ
ギャラ射 程50m
舞 台アメリカ/シカゴ武 器アーマライトM16
殺害数1SEX
コマ数248コマ登場数6コマ
ページ47ページ発 表96/08
話 題・事前にマイアミで依頼人と接触し、依頼の大筋を聞き出してるゴルゴが再度依頼人の部下と会うことにしたのは、トニーを利用するためだったに違いないと思われる。

戻る








 ・作品名: 臆病者に死を 

内 容 かつて爆発物処理隊だったクラスマンは、パートナーを組んでいたスティーブ・マッケイの失敗により片腕を失った復讐のため、完成記念パーティーの開かれてるコスモ・タワーに3つの爆弾をしかけ、マッケイに処理させるよう要求してきた。条件として一人の狙撃手をつけることを許されたが、選ばれたのはゴルゴだった。
標 的 爆弾のバッテリー
依頼人キース部長
ギャラ射 程15m
舞 台アメリカ/ニューヨーク武 器アーマライトM16
殺害数0SEX
コマ数463コマ登場数87コマ
ページ84ページ発 表96/12
話 題・ゴルゴの冷静さがマッケイによってより強調された作品

戻る