** ゴルゴ13 分析 (第34巻) **



分析の中で、本来の標的以外の殺害については、混乱を避けるために 「射程」「武器」については、分析対象外としています。

第34巻:殲滅      

タイトル

第34巻:殲滅      

作品名 121
122
123
・殲滅           
・カリブの血だまり     
・三匹の女豹        
総ページ数 259 発行日 79/10/05
裏表紙 黄黒 表背表紙
話 題

 

 

 

 

 

 

 


 ・作品名: 殲滅            

内 容  カリフォルニア州検察内の特殊警察チームは、凶悪犯の徹底的な殲滅が目的の組織で、その特殊警察チームに“スラム解放軍”の殲滅が命じられる。しかし、解放軍の中には鉄鋼王ハーディの孫娘キャサリンがおり、ハーディは秘密裏に彼女だけを助け出すよう要請するが、うまく行かず、この仕事をゴルゴに依頼する。
標 的 スラム解放軍
依頼人鉄鋼王ハーディ
ギャラ射 程?
舞 台アメリカ/カリフォルニア武 器
殺害数11SEX
コマ数396コマ登場数31コマ
ページ84ページ発 表77/02
話 題対向してくるトラックの後ろに回り込みバック走行で追って来る車の背後に回るというドライビングテクニックを披露している。

戻る








 ・作品名: カリブの血だまり      

内 容 ジャクソン製薬会社のオーナー、社長、支配人が続けて殺害された。ジャクソン製薬は、血の売買をやっており、街頭での献血活動に圧力をかけていた。そうした献血活動の最中に殺害されたベロニカの父親エドワルドは、復讐のため、ジャクソン製薬会社の壊滅をゴルゴに依頼。
標 的 ジャクソン製薬会社の会長、社長、支配人ほか
依頼人娘のベロニカを殺されたエドワルド
ギャラ10万ドル射 程8m
舞 台ニカラグア/マナグア武 器・アーマライトM16 ・リボルバー
殺害数5SEX
コマ数416コマ登場数14コマ
ページ86ページ発 表77/09
話 題アーマライトからの弾丸の線条痕の写真が出てくる。

戻る








 ・作品名: 三匹の女豹         

内 容 ギリシャの伝統的な秘密結社アスピダ党の女性殺し屋メリナ、ベアトリス、イザベラの3人は、ゴルゴが売国奴パブロス・エレシウス元帥暗殺計画を妨害するために現れたと判断、ゴルゴの殺害を計画。自らの命をかけて挑むが、ことごとく失敗に終る。ゴルゴは、別にパブロス・エレシウスの殺害を依頼されていた。
標 的 売国奴パブロス・エレシウス元帥
依頼人
ギャラ射 程?
舞 台ギリシャ/パルテノン神殿武 器ア−マライトM16
殺害数2SEX白人殺し屋
コマ数471コマ登場数100コマ
ページ84ページ発 表77/04
話 題女の殺意を見破って「仕事にうつるときは人間を”殺す”なんて、考えないことだ」のセリフが、きまっている。

戻る