歯科治療が怖い方へ


橋田歯科医院では、患者さんができるだけ恐怖を感じないように診療を行っています。
歯科治療が怖い方のために、以下の通りご説明します。

歯科治療が怖い方は、遠慮なくお伝えください
女性の方は歯科治療が怖いことを言ってもらえるのですが、男性は我慢しがちです。遠慮なくお伝えください。
歯科治療は治療を受ける側、行う側のコミュニケーションが重要です。橋田歯科医院では、患者様とのコミュニケーションを重視していますので、治療に関することは遠慮なく言ってください。
緊張しすぎないほうがよいです
緊張している状態で、痛みを感じると、三叉迷走神経反射が起こって、気分が悪くなることがあります。他に、緊張して、呼吸が速くなると、過呼吸になって、手がしびれたりすることがあります。リラックスされたほうが、これらのような症状が現れません。橋田歯科医院は患者様の様子を観察して、緊張されている場合はアドバイスを差し上げています。
間合いと呼吸
歯科治療は、痛みや、耳障りな音、水がのどの奥にたまって苦しいなど、心地よいものではありません。
実際のところ、これらの苦しみがまったくないというのは無理なのですが、当院ではできるだけ痛みや苦しみを感じられないようにしています。
その真髄は、「間合いと呼吸」です。スピード重視の治療は行っていません。開業医であれば、誰でも治療は早いでしょう。橋田歯科医院は患者様の呼吸に合わせて治療を行っています。間合いを計って、距離感を重視しています。患者様の様子をよく見てあわせています。様子を見ながら歯を削るので、いきなり激痛が来ることはありません。痛みを感じられたら、左手を挙げて教えていただければ治療を止めます。また、いつでもうがいをするなど、休むこともできます。

麻酔
麻酔をすれば、痛みはなくなります。
ただし、麻痺するのは痛覚のみで、運動神経や、圧迫される感覚や、振動は麻痺しないので、ご理解ください。
麻酔は注射なので最初にチクッとしますが、この痛みをできるだけなくす技術はあります。もっとも、技術は尽くしても、神経の分布によってはチクッとすることがあります。
歯科医に対する慣れ
橋田歯科医院に初めて来られた方は、どんな歯科医院かわからないので、このときに一番恐怖心が高まっています。ですが、症状を聞きつつ、会話を重ねていくうちに、少しずつどんな歯科医院か分かってきますし、恐怖心もやわらいできます。橋田歯科医院スタッフ一同、信頼され安心感を持っていただけるように努力しています。
何をされるかわからない恐怖 
口腔内は痛覚に敏感で、そのような繊細な部位に何をされるか分からない恐怖があります。橋田歯科医院は説明しながら治療を進行していきます。また、初めての処置の場合には、ゆっくりやっていますので、患者様ご自身も様子を見ながら治療を進められます。
柔らかい手
院長の師匠は手を柔らかくしろと指導されていました。実際に手が軟体動物のように柔らかいわけではありません。手当たりが柔らかいという意味です。これにより、反射的な力みがなくなります。恐怖もやわらぎます。
予防をされてはいかがですか
悪くなるまで放っておくと、治療内容も、神経を取るとか、歯を抜くとか、削る程度が大きかったり、治療に時間がかかったりと、痛みの程度が大きい治療になります。特に急性期は麻酔が効きにくくなります。虫歯は小さいほど削る量が少ないですし、歯周病も軽い程度のうちに治せば、腫れたり痛みが出たりということもありません。痛くなってから歯医者に行くより、痛くなる前に歯医者に行って、メンテナンスをしておけば、歯医者で痛い思いをすることも少なくなります。昔の歯科治療は痛みが出たら治すだけでしたが、最近はメンテナンスして予防をする流れにあります。
橋田歯科医院は単なる口腔清掃の患者様も多数来院されています。

問題を後回しにせず、今、治しておけば気持ちが楽になります。
がんばりましょう!
戻る