歯科用CTのご紹介

橋田歯科医院のTOPCTを利用した歯科治療

歯科用のCT
医科では普及しているCTですが、歯科ではあまり普及していません。高価なうえに、スペースを要するからです。しかし、その有用性は非常に高いものです。
橋田歯科医院がCTを導入した理由を、以下にご説明します。

CTとは
CTはComputer Tomographyの略で、一般のレントゲンは、一枚のフィルムにX線の影を写すものですが、CTは撮影データをコンピュータ上で再構成して、3次元データにします。したがって、一般のレントゲンでは像が重なっていますが、CTでは意図した部位でのスライス画像を得ることができます。
ct 3d

医科のCTと異なる点
・医科のCTよりも、X線の量が少なくてすみます。
・医科より画像が細かく、鮮明なので、歯科診断がより正確になります。
・撮影時間が短いので、患者さんの負担が少なく、画像の質も向上します。
(CTは少しでも動くと画像の質が落ちるので、撮影時間が短いことは重要です)

CTの画像紹介

  根の治療
一般のレントゲンでは、歯の根が重なって見えますが、CTであれば重ならないので、ひとつの根を丁寧に観察できます。
パントモPer一般のレントゲンでは4本の根が重なって、2本に見えます。

 

 

 

CTper

CTでは断面を任意で観察できるので、頬側(ほっぺた側)の根が悪いことが分かります。(丸印の部分)
根の治療は、保険診療ではとても低額で割りにあいませんが、正確に診断できるので、橋田歯科医院では根の治療でもしばしばCTを撮影しています。

 

 

根の湾曲

歯の根の中には神経があります。この神経が入る管を根管といいます。
この根管が根の先で曲がっていることがCTでわかります。(矢印の部分)
器具にあらかじめカーブをつけて治療をする必要がわかります。
また、器具をどのように曲げると根管に適合するかもわかります。 

 

 

 

 

排膿路

歯の神経が通る管にバイ菌が入って化膿したところ。下あごの下まで腫れました。
切開して排膿する必要がある場合に、一般には頬側から切開することが多いのですが、この症例では、矢印の部分に骨がなく、炎症の存在がわかります。
矢印は舌がある側です。慎重に舌側から切開しました。

 

 

 

 

歯根のう胞摘出
歯根のう胞

普通のレントゲンで見ても大きな影がありました。矢印の部分は歯根のう胞といいます。パノラマ撮影と所見から、歯は抜かずに済みそうでした。
骨の欠損が上あごの外側にも、内側にも及んでいます。
この症例は、根の治療をした後、外側から歯茎を開いて、のう胞を摘出しました。
保険でできるのですが、骨があまりにもなかったので、人工骨を補てんしました。


 

 

 

 

抜歯
過剰歯

矢印は過剰歯といって、通常は存在しない余分な歯が骨の中に埋まっていることがあります。矯正治療などを行う場合、この過剰歯が邪魔になることがあります。
CTで観察すると、骨の外側に近い部分に位置していることがわかります。
抜歯も楽になります。

 

 

 

 

インプラント治療の計画、治療後の確認
インプラント治療計画1 インプラント治療計画2緑の部分がインプラントです。
インプラントを入れる位置をコンピュータ上でシミュレーションします。

骨が薄い

骨が薄くても、4mm程度の厚みがあれば、骨を拡げて埋入できます。
灰色の部分が上あごの前歯の部分の骨です。

インプラントを入れました

 

白い物体がインプラントです。

 

 

 

 

 

下歯槽神経

下あごの骨には神経があります。矢印が神経です。
この神経の位置を3次元的に把握して、インプラントを埋入します。
この写真は、下あごの骨が痩せているので特殊ですが、神経の走行を具体的に把握することで安全にインプラント治療を行います。

 

 

 

 

ソケットリフト

左はソケットリフトをし、インプラントを入れたところです。

歯科医療は、見えないところを治療した場合、一般的には確認のレントゲンを撮ります。骨の中は見えないので、埋入後も確認のCTを撮っています。

ソケットリフトは、上あごの骨が薄い場合に、骨を足す処置です。
矢印の白い部分が、人工の骨で、まっ白いかたまりがインプラントです。

 

上顎洞

歯科の一般のレントゲンではわからない異常がCTでわかります。

左の小さい矢印が正常、右が異常な部分です。境界がはっきりしていません。これは上顎洞が悪くなって、手術を受けた跡です。
上顎洞のなかを直接見ることができないので、短いインプラントで対応する予定です。

 

インプラント治療は、骨が薄い部分にインプラントを埋入する場合や、上顎洞や神経に近い部分に埋入する場合には、CTで3次元的に組織の位置関係や、形態を把握しておけば、より安全な処置が可能となります。
橋田歯科医院ではCTを利用することで、より安全で正確なインプラント治療を行っています。
従来のレントゲンでは3次元的に骨の厚みを測ったり、組織の位置を把握したりすることができなかったのですが、CTであればそれらを把握できるので、適応の拡大にもつながります。

また、条件がよければ歯茎を切り開かなくても、小さな穴を開けるだけで済ませる方法も採用することができます。CT撮影と外科用装置により、正確なインプラント埋入が可能となるので実現できる処置です。

歯周病の程度
歯周病は、歯を支える骨が、炎症によってなくなっていく病です。
どのくらい骨が吸収してしまったかを3次元的に把握することが出来ます。
歯周病による骨の吸収具合については、比較的シビアな診断が必要ではないので、橋田歯科医院では歯周病治療を主目的としたCT撮影は行っていません。

  顎の関節の様子
顎関節

X線の被爆量について
歯科のCTは医科よりはずいぶん少ないのですが、それでもX線を浴びるのは気持ちの良いものではありません。
線量(放射線の量)についてご説明します。
線量の単位はミリシーベルト(mSv)です。

あまり知られていませんが、私たちは放射線は医療の場のみならず、日常生活でも浴びています。
年間の被曝量は宇宙からが0.38ミリシーベルト、大地からが0.46ミリシーべルト、空気中のラドンから1.3ミリシーベルトです。年間一人当たりの自然放射線量の世界平均は2.4ミリシーベルトです。
この値は地域によって差があり、ブラジルのガラハリ市街地では10ミリシーベルトです。
飛行機に乗ると、高度によって宇宙線の量が増大するので、被曝量も増えます。東京~ニューヨーク間を往復すると0.19ミリシーベルトとなります。
医科の集団検診などで行われる胸部レントゲン写真は0.05ミリシーベルトで、CTでは6.9ミリシーベルトです。
歯科のCTは0.05ミリシーベルトです。
(資料は放射線医学総合研究所調べなどを引用しています)

CT撮影料
橋田歯科医院の患者様は無料です。
他院で治療を受けられる方は2万円です。
データをダイコム出力で、CD-ROMに焼いてお渡しします。希望されればOneDayViewerというCT画像の簡易ビューワもつけます。OneDayViewerは任意の位置でスライスし、画像を観察できます。ただし、明るさとコントラストの調整や、距離を測るツールは附属していません。ただし座標は表示されるので、基準となる(たとえば5mmのステンレス球)を使用して距離を計測することは可能です。