私にも出来た禁煙ページ

禁煙 15年達成!

喫煙歴34年・一日二箱半のヘビースモーカーの「禁煙の闘い」経過をレポートします。
禁煙を考えている方のお役に立てば…。

禁煙カウンター(PC上に禁煙マラソンをモニターするソフトあり)によると、禁煙を始めて吸わなかった本数52,920本、浮いたお金714,420円だそうです。(3年間。このお金どこへ消えたやら?)
10年だから、約15万本。途中で値上げを考慮すると250万円くらいになっていたのか?

禁煙スタート

平成15年7月1日午前0時

禁煙の動機

7月1日からタバコの値上げがスタート。愛飲していた「キャスター・ONE」ロングボックス270円は値上げと成らなかった。しかし、これを機会にコスト計算した結果、(それまで怖くて計算もしなかった…が本音)月2万円弱、年約22万円を煙に消していた。過去約800万、これから先400万円も煙にし、周囲から、社会から、家族から冷ややかな目で見られる事に馬鹿馬鹿しさを感じた。(歳のせいか?57歳)

顧問先の社長が禁煙し楽に3ヶ月が経過。同社の専務からも「禁煙しようか?」と誘いがあった事。

禁煙準備

@    7月1日をスタート日と定め、5月ごろ禁煙の予行演習?禁煙ガム「二コレット」を薬局で購入。まず、「二コレット」併用でタバコを一日1箱に減煙。そして、ある日、「二コレット」を頼りに24時間の禁煙突入。この時「意外と禁煙も苦しくない。何とか出来そう!」と言う自信(暗示)を着けた。

A    禁煙スタートを前に、インターネットで「禁煙の心構え」まず、「禁煙マラソン」のHPで、「裕子先生」のアドバイスを熟読。(これは役立ちました。)

次に、「禁煙マラソン」は結構縛りがきつそうだし、励ましメールが大量に押し寄せそうなので、ネット上の他の「禁煙フォーラム」を捜し書き込みを読む。禁煙者の生の声に接する。

何故「禁煙」するか…動機をしっかり整理する。

イ.        タバコ代月2万円弱は勿体無い。有意義な事に使おう。

ロ.        タバコの煙で家族や周囲に迷惑を掛けるのは止めよう。

ハ.        考えてみれば、くわえタバコで街を歩くのはみっともない。

ニ.        親爺の遺言「60になったらタバコはやめろ」の歳が近くなった。

B    いよいよ6月30日。丁度深夜12時でタバコが切れるよう調整。最後のお別れ!

調整がうまくいかず、夜11時ごろ最後のタバコが切れる。

「禁煙フォーラム」へ「禁煙宣言」を書き込む。さ〜禁煙のスタート。女房や娘にはまだ秘密。一日経過後宣言しよう。

(正直、この時点では自信が無かったのかも?)

こっそり、「灰皿」「ライター」を物置に仕舞い込む。

 

TOPへ戻る
禁煙フォーラムの力
禁煙フォーラムに参加して見て、結構仲間の影響力を強く感じています。むしろ、良い意味で身近な仲間より強いプレッシャーを感じます。例えば、こっそり禁煙を破ったとしても身近な仲間には嘘がつけてもフォーラムには「嘘が書けない」…不思議な関係です。
ネット上の見ず知らずの仲間は見ていないのだから、「真面目に禁煙しています。」で通そうと思えば通せるのでしょうが意外とそんなモノではないのです。

ふと、吸いたくなっても「フォーラムに何と告白する?」と言う事が先ずよぎります。それが最大のブレーキになっています。女房になら、本当は吸っても「吸ってない」としらを切り通せても、フォーラムには嘘がつけそうにありません。別に顔も名前も知らない同志、この関係は何なんでしょう?
禁煙開始以来1年近く、毎日1〜2回は「フォーラム」を覗いています。

喫煙者迫害の時代
我家の最寄のJR駅で昨日発見しました。今まで、駅のプラットフォームの端の方に「喫煙コーナー」の表示と灰皿ボックスが置いてありました。それが、また10mくらい遠くに移動されていました。喫煙者のままの私なら今頃大憤慨をしていたはずです。今では「喫煙者は可愛そうに…」と思いやる余裕。
福岡市街地内の路上喫煙が禁止されました。「歩きタバコ」「場所を選ばぬ路上タバコ」は禁止すべきでしょう。しかし、喫煙場所くらいどこか置いても良いのでは…過去の仲間への同情です。

禁煙はやはり太る!
禁煙は良い事ばかりではありません。禁煙を始めて2ヶ月で5キロ太りました。食事が美味くなるから…だけでは無さそうです。喫煙時代から食事は美味く、よく食いよく飲み…で量は大して変わっていないはず。ところが、予想以上に急激に太った訳は多分「吸収力が良くなった」「効率が高まった」からだと思います。その証拠に禁煙して「便」が様変わりしました。下痢気味が多かったのですが、立派な「便」の毎日となりました。
太る事に悩んでいますが、禁煙よりダイエットが楽だろう…そう気楽に構えています。

まだまだ試練は続く
禁煙1年
禁煙後365日チョット。いまだに「吸いたいモード」が時々襲ってきます。「ニコチン依存」ではなく「喫煙習慣」の記憶が大脳から消えていないせいだそうです。
禁煙後、1年程度では安心できないそうです。いつ呪縛から解き放たれるか?何年もかかるのではないでしょうか?30数年の喫煙常習者ですから、仕方ないでしょう。気長に、楽しく禁煙にチャレンジするしかないでしょう。
数日前も喫煙の夢を見ました。灰皿に数本溜まった吸殻を見ながら吸っている夢です。
先輩面して書いていますが、何時また「禁煙」初心者に代わるかも知れないのです。
「減量」に向けてウォーキングも増やし、ダウンベル体操も、腹筋運動も続けていますが、中々効果は顕れません。それどころか、今年の「成人病検診」では『中性脂肪』『コレステロール』の値が悪化し精密再検査の判定まで出ました。人生、悩みは尽きないものです。
 平成17年4月より、社会の禁煙ムードが一層高まりました。公共性のある建物はほぼ全面的に禁煙となり、喫煙コーナーもほとんど無くなりました。週に一度勤務する「福岡県中小企業振興センター」も1階の完全遮断型の喫煙ルームのみが喫煙可能で、各階の喫煙コーナーが撤去されました。愛煙家は時々1階まで足を運ばなければならなくなり大変です。
それでも吸い続けるには忍耐が必要です。止めてて良かった!
禁煙2年
タバコをすう夢も見なくなりました。体重増も「トレーニングジム」と「寒天・トコロテン」で上げ止まり、1キロ程減少傾向に!
番外編
高脂血症・体重対策のため6月から「寒天・トコロテン」を毎食前食べています。5月末の検診で中性脂肪が400を超えていたのが、なんと8月の再診でなんと!163まで下がっていました、。体重もピークから2キロ減です。(まだまだ不満)
2006年12月
「睡眠時無呼吸症候群」の検査を受け「CPAP」と言う器具を就寝時着けて治療中。医師から体重を10キロ減量のキツイお達し!
ジムに行ったり、公園を歩いたり運動に努力し、午後8時以降は飲食をしない等あれこれ努力していますが一向に体重・ウエストサイズは変化しません。真剣に悩んでいます。
2010年10月
禁煙から7年経過。たまに、酒の席で友人のタバコをイタズラに吸っても次吸いたいとかの誘惑は起きません。(油断は禁物か?)
1日からの値上げでつくづく「止めていてよかった!」、の気分。


2013年7月1日
禁煙して10年!10年継続してやっと本物に…。めでたしめでたし!
2014年8月6日
更に1年。禁煙11年!もう大丈夫です。煙草を吸っている人を憐れみを持って見ています。

2015年7月2日
57才で禁煙し、12年。69才になりました。禁煙で太った身体は未だに元に戻りません。でも、止めて良かった!

2016年7月25日
70歳になりました。タバコを止められない人がかわいそう!

2017年8月
71歳になりました。TOKYOオリンピックに備えて店舗の禁煙禁止を法制化しようとしています。居酒屋で飲みながら、ホッとしながら一服する気分を知っているだけに複雑な気持ちです。

つづく
禁煙との闘い
いよいよ禁煙スタート!
一日目
12時をまわり、7月1日(火)に突入。まず、二コレットで禁煙の実感をスタートさせる。ひと心地ついたら、とにかく早く寝よう!寝ている間はタバコを吸わなくて良い。ZZZZ…
朝、本格的な「禁煙との闘い」が始まる。どうしても吸いたくなったら「二コレット」と言う味方があると言う安心感が気持ちに余裕を与える。
気持ちを紛らわせるため、冷たい水「氷入り」を飲む。「冷たい水」「冷えたウーロン茶」「冷たい青汁」等をとに角飲んだ。(注意:コーヒーはどうもタバコを誘う効果がある。)

意外と禁断症状は弱い。一日で「二コレット」4個消費。(午前1、昼間2、夜1個の感じ)
思ったほど1日目は苦しくなかった。数ヶ月前の予行演習が役立ったのか?
「ニコレット」:ニコチンの入った禁煙補助用ガム。薬局で24個入り2100円。48個3950円也。消費税を入れると一個92円程度につくので、早く卒業しないとタバコ代より高くつきます。販売元では、一日30本以上の高依存度者で一日12個程度からだんだん減らし、3ヶ月程度で卒業…。としています。
しかし、人に依りますがそれだけ使用するとかなりの高コストとなります。
私の場合、一日平均48本のヘビーでしたが、ニコチン依存度はそう高くなかった様で、33日ニコレット総使用量70個(約6400円)で卒業しました。
「禁煙フォーラム」:7月1日禁煙スタートの同志は「あきちんさん」「良太さん」一日遅れの「チョコさん」です。
吸いたくなったら「フォーラム」を覗き、励まし、知恵、失敗談に目を通します。これが、良いパートナーとなりました。
二日目
今日は、昨日より「吸いたい感」が強い。今日が一つの山か?
昨日に続き、「冷たい水」「冷たいウーロン茶」「熱い緑茶」で気分を紛らわせる。禁煙するととに角眠くなる。フリーの仕事が幸いで、眠くなれば「寝る」に徹する。寝ている間は絶対禁煙できる。
悪い事に夕方から、顧問先から「夕食会」に招かれている。中華料理で宴会。2日目から「アルコール」の試練。最初から堂々と禁煙開始を皆にアピール。食事をしながら、酒を飲むほどにタバコの誘惑は強くなる。
一緒に禁煙を始めるはずだった顧問先の専務が美味そうにタバコを吸っている。時々「どう?吸わない?」とわざと誘惑してくる。断固拒否!お返しに専務に「二コレット」2個進呈!
そんな1日で二コレット7個消費(進呈分は除く)。しかし、無事難関の2日目を乗り越えた。
この時点でやっと女房と娘に「昨日からタバコやめた!」と宣言。二人とも半信半疑。
三日目・四日目
禁煙ドクター「裕子先生」によると、ニコチンを完全に断てば体内のニコチンは3日で消えるそうです。ニコチン依存も「3日」が勝負と言う事です。禁煙もとうとう勝負の「3日目」。「3日」を越すとバラ色の日々が来るのか?いえいえ、そんな甘いものではありません。
4日目も「吸いたいモード」は余り変わりません。3日目「二コレット」5個、4日目4個…。後から思うと、禁煙スタートの1日目より、2日目から4日目が一番の山だったようです。
5日目から「吸いたいモード」が弱まり、二コレットも風邪薬の様に朝、昼、晩の3個で納まるようになりました。